名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2017年01月04日 [コラム]

耳のツボ

名古屋市守山区のにこにこコラムです。
今年初めてのコラムになりますね。今年もよろしくお願いします。

では本題に入ります。
今回は「耳のツボ」についてです。

耳ツボ

■はじめに
・「耳のツボ」と聞かれて皆様は、大抵「痩せる」と答えると思います。しかしそれだけではないということは「耳ツボの療法」の所でも書いた通りです。今回は少し具体的に説明しようと思います。

■「耳ツボ」の特徴は何か?
☆ 特徴1 
それは赤ちゃんがお腹に中にいる状態でツボが配置していることです。
こういう表現ではいまいちピンとこないと思いますので、もう少しかみ砕くと、耳たぶが「お腹にいる赤ちゃんの頭部」にあたります。耳の穴の周りが「お腹にいる赤ちゃんの内臓」にあたります。

☆ 特徴2
それは痩せるツボの他にも様々な症状に応用できることです。
痛みの症状はもちろん心の病・婦人科疾患にも応用できます。中国の耳針専門書には悪性腫瘍があると反応するツボさえもあります。(それでガンを100%発見できるとは限らないと思いますが・・・・)

☆ 特徴3
それはセルフケアができることです。
普通の鍼灸治療ではどうしても鍼灸師の先生に治療をして頂かなくてはいけません。
耳のツボについてはツボにとらわれず耳全体をマッサージすることでセルフケアをすることが可能となります。

■ここで「痛みを抑えるツボ」を一つ上げておきます。
それは「神門」です。体にも「神門」がありますが、こちらの神門と同様な作用があると考えられます。
位置は耳の上部の三角窩という三角の形をしたくぼんだ所があります。そこにあります。
「神門」は痛みを抑えるツボだけでなく、精神を安定させる作用もあります。

簡単に説明してみました。気になる方は気軽にお問い合わせ下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop