名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2017年05月09日 [症例検討]

三叉神経痛(歯の痛み)に対する鍼灸(症例)

お任せあれ
名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。

今回は症例を挙げようと思います。症例はタイトルにあげていますが、「歯の痛み(三叉神経痛?)」です。なぜ三叉神経痛の最後に?を加えたかというとまだ病院で診断が正式に下されていないためです。歯の痛みを感じるのが三叉神経が支配していますが、歯自体に原因があって起こっているのかは不明。

■主訴
・前歯の痛み。
■初検日
・X年2月●日
■性別
・女性
■年齢
・38才
■現病歴
・左上前歯が痛み、X−1年9月に歯科に通院。その際に歯根に膿がたまっていると言われた。膿の処置を2か所の歯科でして頂くもいずれも痛みが取れず、3か所目の歯科でCTをとると、歯根が曲がっていて患部に薬が届いていない状況。また右上の奥歯にも膿があるとのこと。
その歯科で精密根幹治療を受けるも症状が落ち着かず悪化。4件目の歯科で膿はないから、おそらく歯ぎしりが原因ではないかということでマウスピースを付けて様子をみるも、前歯・奥歯・右顎にひどい痛みがあり、歯全体が浮いた感じかある。そして右耳が時折詰まった感じがする。不安になり脳神経外科に行くとMRIを取ると三叉神経が血管に触れていて痛い可能性があるとのことでした。
■既往歴
・逆流性食道炎・不整脈・椎間板ヘルニア
■服薬
・リリカ(25mg)とメチコバール
■東洋医学的所見
・食欲はない。食べる量は少ない。
・小便は3回未満/日。夜中トイレに起きない。しは
・大便は下痢気味。
・睡眠は夜中目が覚める。
・悪化する条件:食事のあと・夕方から・風呂に入ってから。
・腹診は側腹部・鼠径上部・胸脇苦満・中脘穴周辺に抵抗あり。
・脈診は右脈が沈細無力・左脈が弦。
■東洋医学的診断(証)
・脾虚肝実証
■施術法
鍼:中脘、章門、天枢、関元、期門(切皮置鍼)
   大陵、太白、大敦、豊隆、血海、労宮、合谷、温溜(接触鍼)
   肩井、膏肓、心兪、肺兪、志室(切皮置鍼)
灸:膏肓、心兪、肝兪、脾兪、胃兪、三焦兪、志室に8分灸1個ずつ行う。
鍼:患部に散鍼。
■施術経過
2回目(初検4日後)大きな変化はなし。
3回目(初検7日後)顔の痛みは初検時の時より3割程度落ち着いていた。
4回目(初検10日後)マウスピースをつけると歯が痛みはずすと歯が浮いてしまう。
5回目(初検14日後)痛みがひどくなってしまった。リリカを75mg服用し痛みが落ち着いた。
6回目(初検17日後)痛みに変化がない。施術法の提案(患部に鍼を刺入する方法・耳ツボ療法)したが患者様が決めれなく結局最もリスクの少ない顔に耳ツボの亜鉛球を貼る。そのうえで全身調整を行う。生理痛がいつもより軽かったとの事。これは初検時には確認していない事項になります。
7回目(初検21日後)2日前はさほど痛くなく、前日は痛かった。患部を押さえると痛みが結構ある。
8回目(初検23日後)効果が実感できる程度になってきた。歯が浮いているのは変わらない。患部の圧痛(押さえると痛む)が軽減。
9回目(初検27日後)痛い場所が変わる。歯が浮いた感じは1日だけ良い日があった。不整脈を感じる。
10回目(初検31日後)右の顔でなく左の顔が痛みを感じる。痛くない日が1日あった。
11回目(初検35日後)リリカ150mg服用。痛みはあるが軽かった。不整脈落ち着く。
12回目(初検38日後)歯の浮くことは随分減った。初検時の痛みを10とすると痛みがひどい時でも7、痛みがひどくない時は1になった。
13回目(初検48日後)旅行のため10日空いてしまったが、症状は落ち着いている。旅行で気分転換ができたのが大きいと思います。
14回目(初検51日後)発熱して体調が悪く良くなってから連絡すると電話があった。

■考察
東洋医学的所見より脾虚で肝実があるのはまず間違いないだろうと思い、施術すると施術前と施術後の脈に大きな変化が出ていました。
これならすぐには治らないけど回数を重ねる毎に効果が出てくるのではないかと推測。時々施術法の見直しをすることで患部の施術量の加減が分かるようになってきました。今後も証に従って施術をしてより良い効果が得られるように研究していくつもりでしたが、体調不良で通院できない状況の為中止して様子をみたいと思います。

名古屋市・春日井市・尾張旭市その他の地域の方参考にしてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop