名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2015年07月17日 [コラム]

熱中症に対する鍼灸

最近、暑くなってきましたよね。名古屋市守山区も暑いですよ。
この時期、よく耳にするのは「熱中症」です。

・「熱中症とはどんな症状が出るのか」または「熱中症の日常生活の注意点」は、ニュースなどでよく知られていますがここで一度復習しておきますね。

■熱中症とは何か?
・炎天下もしくは急激な気温の上昇で体温調整が上手にできず、体内に熱がこもりったり、汗を大量にかいて水分が足りなくなったりすることなどで、様々な身体症状が出てくることを言います。
ではどんな症状が出るのか?
@くらくらする。
A筋肉のけいれんが起こる。
B吐き気や倦怠感
などが出てきます。

■熱中症の日常生活の注意点
@水分をこまめに補給すること。
A睡眠をしっかりとること。
B食事(栄養バランス)に気を付けること。
C室内でも起こり得るのでエアコンをかけて温度調整をすること。(室内の温度は28度くらいで良いと思います。)

■東洋医学ではどう治療するか?

■東洋医学では
「中暑」と言います。暑(気温が高く・湿度が高い状態を言う)に身体を侵してしまうことを指します。

■治療方法

井穴(手足の先にあるツボ)から三綾鍼という特殊な鍼を使い、1,2滴出血させると効果的と言われています。
おとなりの中国では救急療法の1つの手段として行われています。

だた、日本国内では、まず病院で処置して頂くことがベストですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop