名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2017年05月16日 [身内の施術]

鼻水・鼻づまりの鍼灸(身内の施術症例2)

名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。

今回は身内の施術2として娘7才を症例に挙げてみます。
初めてご覧になる方、身内の施術することのメリットとデメリットは「身内の施術1」に書いておきましたので確認お願いします。

■施術日 
X年2月●日
■主訴
鼻水・鼻づまり
■現病歴
●の3日前に鼻水・鼻づまりが出始めたが、さほど気にすることもなく様子をみていたが、●の2日前に症状が落ち着かないので市販の風邪薬を買い飲ませて様子をみた。●日になり症状がなかなか落ち着かないため、娘本人から治療をして欲しいということで行うことにした。
■既往歴
3才頃アトピー。5歳頃あかぎれ。7歳にアレルギー性結膜炎。アレルギー以外は現在症状はなく落ち着いている。
■東洋医学的所見
・食欲普通・量も普通。
・睡眠良好。
・大便は便秘気味。
・小便尚良い。
・脈診は右関上が浮。
■東洋医学的診断(証)
・肺虚陽明経虚熱証
■施術法
・肺を補い足陽明経を補うのを施術目標にする。使用する鍼は長さ4cmの太さ0.16mmで体に刺さずに皮膚に触れる鍼(接触鍼)で行った。
・配穴は太淵・太白・足三里・上星・百会・か髎・身柱・神道・大椎。大椎のみは千年灸(温かく感じるまで行う)
■施術後
・●日の1日後には症状が軽減。同様に施術する。
・●日の2日後にはほぼ症状消失。様子を見ることにする。
■考察
・今回の症状は医学的に言えばアレルギー性の鼻炎に似ている。風邪は鼻水がサラサラしていないことが多いため。(確定診断は医師の診断が必要ですが・・・)仮にアレルギーだとしたら思った以上の施術効果が得られたと考えます。風邪ならこういう経過を辿ることは多いですが・・・。施術効果が得られた理由は的確な身体所見と的確な施術の刺激量が合っていたからです。今回はたまたま2つの条件がクリアできたので良い施術効果が得られましたが、いつも同じような効果が出るとは限らないので集中して施術に取り組まなくてはいけないと思います。
■補足
子供の施術もこのように可能なのですが、子どもの施術は気を付けないとダメなことがあります。それは大人に比べて鍼灸の効果に敏感で、症状が激しく変わることが多いので、刺激量の加減に注意します。

名古屋市・尾張旭市・春日井市・その他の地域の方参考にして下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop