名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2017年06月20日 [コラム]

頭部に対する鍼

名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。

今回は鍼灸専門雑誌「医道の日本、5月号」の記事の感想を書きます。
5月号の特集は「頭鍼療法」、つまり頭に鍼施術をする方法です。

■頭鍼には幾つかのやり方がある。
・頭鍼については中国で発展した方法と日本人医師が編み出したYNSA(山元式新頭鍼療法)などがあります。
 頭鍼療法は診察法が違うのでそれぞれのやり方を理解しないと施術が上手にできません。

■頭鍼療法の基本的考え方
・頭鍼療法は現代医学の知識(反射)を鍼灸に応用して発展してきた方法になります。どちらかというと対象療法に近いのでないかと個人的には考えています。

■頭鍼療法の適応する症状
・よく耳にするのは脳血管障害後遺症です。その他、内臓疾患による症状・精神疾患(心の病)など様々な症状に対して適応が可能と言われています。

■にこにこ鍼灸治療院では
・当院では頭鍼療法での施術経験がありません。よって施術効果がどれくらい高いのかは正直のところ分かりませんが、頭鍼療法の利点は頭でほとんどの症状に応用できることと服を脱がなくても行えることです。これに加え東洋医学の独自の療法を加えれば非常に良い効果が得られるのではないかと考えています。
・今回の記事を読んでみると理論を理解して鍼施術を間違えなければ、東洋医学的考え方での施術と同等もしくはそれ以上の効果が期待できるのではないかと推測します。良い施術法はずっと残るはずなのであと20年、30年経過した後、どうなるのか楽しみです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop