名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2017年08月14日 [身内の施術]

子供に対する鍼灸(足の打撲の症例)

お任せあれ
名古屋のにこにこ鍼灸のコラムです。
今回は施術例として僕の子供をあげます。

■施術日
・2017年5月25日
■主訴
・足が痛い。
■現病歴
・22日にどこかで足をぶっけたらしく足が痛い。運動会に体調が万全の状態で出たいという本人の希望があり。
■既往歴
・アトピー性皮膚炎(2歳頃、現在は問題ないくらい良くなっている)
■随伴症状
・動かすと痛い。痛い部位を押さえると痛む。痛い部位を軽く触ると腫れと熱っぽい感じがある。
■施術方針
・東洋医学でいう「瘀血」と「熱」のある状態なので患部の瘀血を取り除く施術を行う。
■施術内容
・患部に鍼をわざとチクチク痛みを伴う散鍼を行う。そして知熱灸を2個行う。その後痛む部位を確認する。
確認した部位に皮内鍼を1本固定し。
■今後の施術予定
・次の日まで様子をみることにする。痛みが残るようであれば最悪「*刺絡」を検討する。
■施術の状況
・次の日に様子を聞くと、「だいぶ良い」と本人から返答があった。もう一度やった方がより早く治ると教えてあげるも、本人曰く「もうやらなくても良い。」と力説するので様子を見ることにした。
■運動会はどうなったか?
・一度の施術でほぼ完治したので元気よく運動会に参加でき、喜んでいた。
■考察
・鍼をわざとチクチクした痛みを伴わせることで患部の瘀血並びに熱の取り除きを促進できた。さらに知熱灸を加えることでさらに患部の瘀血並びに熱の取り除くことをさらに促進できたと考えられる。一度の鍼灸施術ですべての症状を取ると刺激を与え過ぎるので、我慢して皮内鍼を貼って様子をみたのが、結果として良い作用に働いたと思います。

以上になります。お子様の捻挫や打撲は意外に早く良くなるものなので名古屋市もしくは尾張旭・春日井の方、またはその他周辺の方、参考にしてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop