名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2017年08月21日 [症例検討]

「うつ状態?」に対する鍼灸(症例1)

名古屋市にあるにこにこ鍼灸治療院のコラムです。
今回は、患者様本人が「鬱かどうかは分からないけど、体調がすぐれない(顔が浮腫んだ感じ・体が重い)」ということで通院された症例を挙げさせていただきます。

■初検日
・201×年●月△日
■性別
・女性
■年齢
・27才
■主訴
・体調がすぐれない(顔が浮腫んだ感じ・体が重い)
■現病歴
・幼少の頃から体調が良くなく年齢と共に徐々に症状が悪化してきている。
■既往歴
・痙攣性発声障害(声が出にくい) ・逆流性食道炎
■東洋医学的所見
・食欲は普通。食べる量も普通。
・尿は回数1日7回程度・夜トイレに起きることはない。
・大便は普通。
・睡眠は不眠傾向。6時間弱でもっと寝たいとの事。
・腹診は天枢穴周辺に抵抗感あり。
・顔色は青白い感じ。
・脈は沈細数。
・嗜好品は辛い物。
・性格的にマイナス思考になりやすいとの事。
・声が出しにくい。
以上の所見から

■証 (東洋医学的診断)
・肺虚証で瘀血と痰飲

■施術法
・鍼:太白・太淵・労宮・三陰交・豊隆・足三里・陽池・肺兪・心兪・脾兪・志室に対して接触鍼。足の三焦経に散鍼。
・灸:肺兪・心兪・志室に8分灸を1〜3個。

■施術後の状態
・再度脈診をすると脈が「沈」だったのが浮いて、「数」だったのが少し落ち着き、「細」だったのが少し太くなり、健康に近い脈に少し変わってきたので、施術的には問題はなかったと考えます。

■考察
・施術前〜施術後までは自分の中では問題なく執り行えたと思いますが、施術がこの1回で終わってしまいました。原因は何かなと考えると、対応がまずかったなと思うことがありました。それは今後の予定の説明後の質疑応答だと思う。何故なら回答を聞いたあと不信そうな表情が出てきたからです。これについては僕が患者様に十分に納得できる返答が出来なかったのが良くなかったのかなと反省しなくてはいけないですね。人それぞれ考え方やとらえ方が違うので個々に合わせて説明できるように考えながら対応していきたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop