名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | にこにこ鍼灸治療院は名古屋市守山区にある腰痛を得意とする治療院です。

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2017年10月02日 [身内の施術]

子供の咳に対する鍼灸(症例)

名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。
今回は僕の子供の咳の施術について書いてみます。

■初検日
2017年8月13日
■性別

■年齢
10才
■主訴(もっとも辛い症状)
咳が出る
■現病歴
2日前より咳が出始める。しかしながら咳以外他の症状はなく、様子をみていた。昨日、咳がひどくなってきたのでお昼に市販の風邪薬を飲ませたが、咳が良くならず本人より鍼を希望してきたので施術をする。
■既往歴
1歳の時発熱性痙攣。
■東洋医学所見
・食欲は低下している。食べる量も少ない。
・下痢気味。
・尿は確認せず。
・脈は滑。
・腹は左脇下硬・鳩尾に抵抗あり・肓兪穴周辺に硬結あり。
■証
脾虚で肺に水
■鍼灸処方
大陵・内関・太白・公孫・三陰交・血海・魚際・尺沢・太谿・身柱・神道・脾兪・胃兪・三焦兪以上をすべて接触鍼にて補写した。
■施術後の経過
鍼灸施術後、食欲が出てきて菓子パンを食べた。次の日には食欲も戻り咳も随分減った。本人に確認すると15日また施術して欲しいと頼まれた・・・。
・2回目:8月15日
咳もだいぶ落ち着くも少し残っている。本人に確認するとすいぶん咳が減ったと喜んでいた。施術内容は初検時と同じ。
これ以降咳はほぼ落ち着いているので略治。
■考察
子供の施術は大人ほど複雑ではなく食欲が落ちているのが確認できれば脾虚でほぼ問題ないと考えています。腹部の鳩尾あたりに抵抗があるのは水の代謝が悪く肺に影響を及ぼしている証拠なので水の代謝を良くするために鍼灸の処方を考えたおかげで施術効果が良かったと考えます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop