名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2017年11月10日 [コラム]

患者様から灸に対するよくある問い合わせへの回答

名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。

今回は当院へ通院された患者様から「灸」についてよくある問い合わせのあることへの回答をしめそうと思います。

■患者様からよくある問い合わせとは
@灸をすえるというけど、「灸」ってどういうものですか?
A灸は熱くないですか?
B灸は痕が残りますか?
よく耳にする事項は上記の3つです。

■以上の3つに対する回答します。
@について
大半の患者様は、小豆くらいの大きさを固めて1か所に据えるとイメージされます・・・・😢
しかしイメージとは全く違います!!
当院では2種類の灸の施術方法を取り入れています。
@知熱灸。
A透熱灸。
詳細は「東洋医学基礎」の「鍼灸の特長」のページへ
2017年9月現在はAのやり方が主体となっています。どうしてかと言うと施術効果に差が出るからです。
悩んで見える患者様にとって重要なものはいち早く効果的に悩んでいる症状を取ることを考えると@になってしまいます。
A灸は熱くないですか。
2017年9月現在、Aが主体ですが、艾のすべてを焼くのではなく全体の8割程度灰になった時点で取り除く方法をとっていますので、そこまで熱くないです。患者様に聞くと、大半は「温かい」〜「チカっとする程度」と言われ、思ったほど熱くないから大丈夫と答えを頂いております。しかしながら個人差があるので100%熱く感じないとは言い切れません。
B灸は痕が残りますか?
先ほども書きましたが、艾をすべて焼くわけではなく8割程度灰になった時点で取りますので、体質にもよりますが、痕は残りにくいです。
以上になりますが、灸を行う前に経験の有無を確認しなければこんな感じですが、施術しても良いか確認致しますので安心して下さい。
もし不安があれば遠慮なく聞いてくださいね、お願いします。

名古屋市守山区・名東区・尾張旭市・その他の地域の方、鍼灸の事ならどんなことでもお気軽に聞いてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop