名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2015年08月05日 [鍼灸療法]

現代医学的観点から見た鍼灸とは

今回は鍼灸にはいろいろな方法で施術を行うことができます。
当院は東洋医学的なアプローチ(望診・聞診・切診・問診で原因を特定して治療をする)で施術を行うのがベースになっておりますが、治療院によっては現代医学の知識を用いて施術効果を求める先生もいます。
そこで現代医学的な鍼灸施術とは何かを説明したいと思います。

■現代医学的な鍼灸療法とは?
現代医学的な考えを用いて鍼灸治療とは何と思われますが、それは「解剖学」の知識に元に施術を行うことです。
解剖学では、筋肉・腱・靭帯・内臓の大きさや形・血管などいろいろ勉強しますが、特に筋肉がどこにあり、その筋肉の作用が何かを理解した上で各種徒手検査を行い原因となる筋肉を推定して行う治療法です。

■これのメリット・デメリットとは何か
メリット:
@科学的で分かりやすいので治療を行いやすい。
A確実に原因となる筋肉に鍼先が当てれれば効果も比較的てきめんにでます。
デメリット
@ただ筋肉はすべて体表に近いところばかりではないので場合によっては深く刺入しないといけない場合があり、高度な技術を必要とする。
A仮に原因の筋肉に鍼を当てても効果がでないことがある。これは心因性の可能性が高く、解剖学的知識だけで解決できない。

また別の機会に、現代医学的な知識を用いた鍼療法もコラムにあげてみますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop