名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2017年12月22日 [鍼灸療法]

線維筋痛症の鍼灸

お任せあれ
名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。
今回は線維筋痛症の鍼灸についてです。痛みの症状になりますので鍼灸の適応症の1つと考えます。

■はじめに
・線維筋痛症とは何か?
リウマチ情報センターのホームページによりますと、心因性リウマチ・非関節性リウマチ・結合組織炎などで呼ばれていたのですが、アメリカのリウマチ学会がこれらをまとめて「線維筋痛症」という名称を提案し定着していったそうです。特徴のある症状として全身の「痛み」と「ひきつり」です。検査上異常はなく、圧痛部位に特徴があるのが本症と言われています。その他一般の症状として痛みによる「気分の抑うつ」などの精神障害や四肢にしびれ・めまい・耳鳴りなどの神経症状が出て着ることがあります。
中年の女性に多く、原因が不明な症状であり、リウマチ様疾患として捉えられています。
・治療法について
根治する方法がないのが現状です。抗けいれん薬・抗うつ剤薬が投与するのが基本。
カウンセリングも有効な方法の1つだと考えます。
以上が現代医学からみた線維筋痛症を簡単に説明してみました。
それでは東洋医学ではどう考えるかというと・・・

■東洋医学での考え方
まずは線維筋痛症の痛みを東洋医学ではどう考えるかが大事になります。
線維筋痛症の痛みの性質(「あっちこっちと痛む場所が変わる」・「ひきつり」など)からみると肝虚証が主な原因と考えられます。
これらを改善するための施術としては肝虚証をよくすることが大事になります。肝虚証をよくすることで体の老廃物を取り除き症状を改善することが期待できるというわけです。

施術の目安など
・改善の目安は個々の体質・病状により大きく異なります。定期的に鍼灸を施せば症状の改善が期待できます。
・薬の併用して頂いても問題ありません。
・ある程度改善して来たら、再発の予防が重要となります。

以上になります。名古屋市・尾張旭市・春日井市・その他の地域の方々、些細なことでも良いのでお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop