名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2015年09月01日 [鍼灸療法]

三叉神経痛に対する鍼灸

刺鍼

名古屋市守山区のにこにこにこにこ鍼灸のコラムです。
今回のテーマは「三叉神経痛」です。

■はじめに
顔が痛く、病院で診察を受けた方の中に三叉神経痛と言われた方はいないでしょうか?
三叉神経痛は洗顔時などで痛みが強く出て、痛みが引くまでしばらく時間がかかるし、なかなか治りにくく、日常生活の中でもつらい症状のひとつです。
神経痛は鍼灸施術で効果の期待できる症状ですので神経痛で悩んでいる方の参考にしてみてください。

■東洋医学ではどう診るのか?
○「気が通らなければ則痛みが出る。」という考えがあります。
  気血が顔を通る経絡を巡らないと痛みが出るということになります。
  まずは気血の流れを良くすることが基本になります。

■では原因の詳細をみていきましょう。
 2つあります。
○脾虚寒証
病気などで発熱した際、解熱剤を使用したあとに起こることが多い。
○瘀血による(肝実証)
顔面を通る血液の流れが悪くなって起こることが多い。

■原因別鍼灸処方例
○脾虚寒証
大陵・太白・衝陽・曲池・陽池・阿是穴(痛みのある部位)などを使用する。
○肝実証 
行間・労宮・曲泉・経渠・復溜・阿是穴(痛みのある部位)などを使用する。

■施術のポイント 
○原因(脾虚寒証・肝実証)に対して施術を行う。これにより全身の血行が良くなり、体にある邪気(老廃物)を出しやすくなり、結果的に見てより一層の鎮痛効果が期待できます。これは非常に大きなポイントになります。
○頚肩と背中にコリを取る。これらの部位のコリをとると、頭部の血行は良くなりますが、これだけでは不十分です。
○脾虚寒証の場合、鍼施術は痛みを感じさせないよう優しく施術する。そうしないと症状が悪化する恐れがあります。
○肝実の場合、鍼の刺激を少し強く施術しても良いです。
○三叉神経の出る部位(オトガイ孔・四白穴・攅竹穴)に鍼をして神経に軽い刺激を与える。そうすることにより鎮痛効果が得られやすいため。

■施術の目安 
○改善されるまでの目安は個々の体質・体調により大きく異なりますが、定期的に通院して頂くことで改善が期待できます。

 名古屋市内(特に守山区・名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で三叉神経痛の鍼灸治療ならにこにこ鍼灸治療院にご相談をお待ちしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop