名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2015年11月02日 [鍼灸療法]

咽喉の詰まり感に対する鍼灸

不安感

今回は咽喉の詰まり感についてです。

■はじめに
結構、のどの詰まり感で悩んでいる方(特に女性の方)多いのではないでしょうか?ただ咽喉の詰まり感を訴えられる方の中には、食道がんなど重大な病気が潜んでいる可能性がありますので、病院で診察を受けていない方は一度診察(耳鼻咽喉科が専門)を受けてください。
病院に行って、原因がはっきりしなくて、すっきりしない方も見えると思います。このような方には、是非とも守山区のにこにこ鍼灸のコラムを読んでみてください。

■東洋医学ではどう考えどう施術するかみてみましょう。
飲み込んでも呑み込めない・吐き出そうとしても吐き出せないのでこれを梅の種がのどに引っかかっているような感じに例えて「梅核気」と言っています。

■東洋医学的原因 
○梅核気の原因は腎虚が主体となります。腎虚になると下半身を引き締める力が不足するのでそれにより、腎虚により引き締められない気が咽喉まで上ってくるために起こります。この症状は、心療内科で神経症・ヒステリーなど自律神経が失調するケースが当てはまることが多いです。

■原因別鍼灸処方例 
○腎虚:太谿・照海・関元・陽池・神道・身柱・経渠・天突などのツボを適宜使用する。もし肝実が絡んでくる場合は腎虚の治療配穴+曲泉・行間を加える。

■施術のポイント 
○肩甲間部のコリを取ること。この部位には精神安定に関係するツボが多い為に、患者様の大半は反応をしめしていることが多い。
○任脈・督脈の反応を見逃さない。督脈とは背骨上を巡っている奇経です。任脈は臍と鼻を結んだ線上を巡る奇経です。この部位も先ほど同様に精神安定に関係するツボが多いので、反応を示すケースが多いです。
○原因治療を施すこと。これにより全身の血行が良くなり、体にある邪気(老廃物)の排出をしやすくなります。そうすることで咽喉の詰まり感のより一層の緩和が期待できます。
○患者様の訴えられることをしっかり聞くこと。

■施術の目安 
○のどの詰まり感の改善は患者様の個々の体調・体質により大きく異なります。定期的に通院して頂くことで早期改善が期待できます。
以上がのどの詰まり感の鍼灸療法になります。

名古屋市内(特に名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域でのどの詰まり感で悩んでいる方、検討してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop