名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2015年12月08日 [鍼灸療法]

顔面神経麻痺に対する鍼灸

鍼治療

今回のコラムは顔面神経麻痺です。

■はじめに
一般の方は、鍼灸が顔面神経麻痺に効果があるの?と思われますが、効果的なケースが多いです。本場中国では顔面神経麻痺で鍼治療される方は非常に多いです。ただどんな顔面神経麻痺でも対応できるかというとそういうわけではなく、不適応な場合もあります。

■不適応な顔面神経麻痺とは 
・脳梗塞や脳出血など脳血管障害によって起こるものは不適応です。これらは呂律が回らない・右半身もしくは左半身が動かすことができないなどの症状を伴うことが多いです。
・その他、原因が特定できていないケースの一部が鍼灸の不適応になる場合があります。

■東洋医学的では 
顔面神経麻痺をどのように考えどのように鍼灸治療するかみてみます。東洋医学では主に血の不足により顔の筋肉に栄養が与えられない場合に起こると考えられています。

■東洋医学的原因 
○肝虚熱証
各種原因による血の不足により発症することが多い。
○脾虚肝実熱証
現代医学で言う各種感染症(帯状疱疹ヘルペスが多い。)により発症することが多い。
以上が主な原因となります。

■原因別鍼灸処方例 
○肝虚熱証
陰谷・曲泉・中封・復溜・手三里・足三里・解谿などを適宜使用する。
○脾虚肝実熱証
労宮・行間・大陵・太白・臨泣・外丘・外関などを適宜使用する。

■鍼灸施術のポイント 
○原因に対して施術を行う。これにより全身の血行が良くなり、体にある邪気(老廃物)の排出をしやすくなります。その結果、顔面神経麻痺の一層の緩和が期待できます。
○頚・肩・肩甲間部のコリを取る。これにより、顔面部の血行が促進されます。
○麻痺している筋肉に浅く刺して鍼刺激を与える。(顔面部の刺鍼は細い針を使いますが、顔面部は毛細血管が豊富な事から内出血する場合があります。)
○「翳風穴」を使用する。(顔面神経にもっとも刺激しやすいツボで重要です。)

■鍼灸施術の目安 
○発症してから時間が経っていないほど良くなる可能性は高いので、なるべく早期に鍼灸の治療が理想です。必要になる施術回数は個々の体質・体調により大きく異なりますので実際に診てみないと分からないです。

■養生 
○過労により悪化するケースが多いのでなるべく無理をしないようお願いします。
○扇風機・エアコンに当たり過ぎないようにお願いします。
以上が顔面神経麻痺の鍼灸治療になります。
名古屋市内(特に守山区・名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で顔面神経麻痺で悩んでいる方、検討してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop