名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2015年12月15日 [鍼灸療法]

うつ状態もしくはうつ病に対する鍼灸

ストレス

守山区のにこにこ鍼灸のコラムテーマは「うつ・またはうつ状態」です。

■はじめに
「最近、仕事でパワハラを受けて精神的に参っている。」
「モンスターペアレンツの対応でクタクタだ、もう嫌だ。」など
気分が落ち込んだり悩んだりすることは多いですよね。
このような状態は現代医学的にどう捉えているか分からない人もいると思います。

■現代医学では
1.「気分が落ち込んだり、生活上のストレスでこの世が嫌になったりする。」
このような場合をうつ状態と言います。
これはみなさん、一度や二度の経験があると思います。僕も勤め人だった時はよくありました。これは鍼灸の適応といっていいでしょう。大半の方は、こちらにあてはまると思います。
2.「うつ状態が進行して社会生活に支障が出る。」
このような場合をうつ病と言います。
これは、心療内科などで診察が必要になります。気を付けたいのは、うつ病は良くなると自殺するケースが多いという事です。定期的に病院でみて頂く必要があります。
以上のように現代医学的には主に2つに分類されます。なお詳しくは心療内科・精神科の専門医師に診察を受けてください。

■東洋医学では 
瘀血があると気鬱(うつ状態・うつ病)になると説いています。治療の基本は瘀血を如何に取り除くかになります。

■東洋医学的原因 
○脾虚肝実証:比較的若年の方に多い。
○肺虚肝実証:比較的高齢の方に多い。

■原因別鍼灸処方例
○脾虚肝実証:大陵・太白・曲泉・三陰交・血海・膏肓・膈愈・脾愈・胃愈などを使う。
○肺虚肝実証:尺沢・復溜・行間・曲泉・肺兪・腎愈・膈愈などを使う。

■施術のポイント 
○原因に対する施術を行うこと。
これを行うと全身の血行が良くなり、体にある邪気(老廃物)の排出がしやすくなります。その結果、うつ状態・うつ病の症状改善が期待できます。
○肩・頚・背中のコリを取ること。(これらの部位は精神安定に関するツボが多く、コリとして反応を示すケースが多いから。)
○頭に反応(目安としてさわった感じでぶよぶよした所)があったら鍼灸を施すこと。特に百会の灸は重要。
○激励な言葉(がんばれ!!)などの声かけは絶対ダメ。
なぜなら本人はすでに自分の限界まで頑張ってしまった結果がうつ状態なので、励ますのはダメなのです。

■施術の目安など 
○大半の方は、心療内科で処方箋を書いて頂き、薬を服用しているので、薬と併用しながらの鍼灸施術になります。併用することで相乗効果が得られやすい。心療内科・精神科で処方された薬については自己判断でやめることはしないでください。
○うつ状態・うつ病の改善は個々の体質や体調により大きく異なります。定期的に通院して頂くことで改善が期待できます。
○定期的に通院が改善のカギになりますが、定期的に通院をして頂くためにも動機付けが重要になりますので動機付けも行っていきます。
以上がうつ状態・うつ病の鍼灸療法になります。
名古屋市内(特に名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域でうつ状態・うつ病で悩んでいる方、検討してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop