名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年04月19日 [鍼灸療法]

視力障害に対する鍼灸

視力

■はじめに
視力障害が起こる病気は網膜色素変性症・黄斑変性・緑内障・白内障・視神経炎・近視・遠視・乱視・老視などたくさんあります。
しかし一般の方がよく耳にするのは白内障・緑内障・近視・乱視・老視・遠視ではないでしょうか?

■視力低下を伴う病気で鍼灸の適応となる疾患とは
@緑内障
鍼灸で眼圧を下げると言われています。
A白内障
現代では手術が一般的ですが、鍼灸で良くなるケースもあると言われています。
B仮性近視
近視の視力回復は鍼灸では難しいが仮性近視は適応になることが多い。
C網膜色素変性症
徐々に視力が落ちてきていずれ失明してしまいます。鍼灸を施すことで失明を遅らすことが期待できる。
D網膜剥離の術後
網膜剥離の再発を防止が期待できます。
E眼精疲労
一般的に鍼灸で目の疲れを軽減することができます。
主に上記の病気が対応できますが、視力障害(物が見えにくい。物がぼやけて見える。物が二重に見える。黒い点が見えるなど)があっても専門医の診察を受けていれば基本鍼灸治療は可能です。
では視力障害を東洋医学ではどうみてどう治療するかみてみましょう。

■東洋医学では 
・「久しく見ると心を傷ぶる。」または「肝は目を司る」と古典ではいうので、血(肝と心)が不足すると視力低下が起こると考えられる。

■東洋医学的原因 
○肝虚証
病名をあげると角膜炎・白内障・緑内障・網膜剥離・視神経萎縮・近視などに多い。
○腎虚証
病名をあげると基礎疾患に動脈硬化・高血圧・糖尿病に関係する網膜出血などに多い。
○肝実証
瘀血と言い、病名をあげると網膜色素変性症・飛蚊症・または眼底出血が古くなった状態などに多い。

■原因別鍼灸処方例 
○肝虚証
曲泉・陰谷・太谿・太衝・肝兪・腎兪などを適宜使用する。
○腎虚証
復溜・経渠・太谿・関元・腎兪・志室などを適宜使用する。
○肝実証
曲泉・行間・血海・膈兪・肝兪などを適宜使用する。

■施術のポイント 
○目の周辺だけのツボを使用してもなかなか良くならないです。
必ず原因に足しての施術を加えると効果もより一層得られやすい。何故かというと全身の血行が良くなり体内の老廃物の排出を促進し症状の改善を促すので。
○日々のセルフケアとして目の周辺のマッサージをして頂けると良いです。
○頚のコリを丁寧にさぐりコリを取っていく。そうすることで局部の血行改善を促し、症状の緩和が期待できます。

■施術の目安など 
○緑内障、網膜色素変性症など現代医学でも難治性の疾患の症状の維持・改善は個々の体質や体調により大きく異なります。定期的に通院して頂き徐々に維持・改善をしていきましょう。
○先ほども書きましたが視力障害(物が見にくい・物がぼやけて見える・物が二重に見える・黒い点が見えるなど)がある場合は、必ず専門医に診察を受けてください。視力障害の中にはまれに「緑内障発作」で急激に視力低下をして失明することもありますので注意が必要です。その他脳血管障害からの視力障害もありますので注意が必要です。

以上が視力障害についてです。
名古屋市内(特に守山区・名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で、視力障害で悩んでいる方、検討してください。
お問い合わせ、お待ちしております。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop