名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年04月26日 [鍼灸療法]

逆子に対する鍼灸

逆子

■はじめに
「逆子になってしまってずっと逆子体操をやってきたのに良くならない。」・「逆子体操をしてもすぐにまた逆子に戻ってしまう」と困っている方見えると思います。
東洋医学では何とかならないのかと言われると実は良い方法があります。
それは「灸」を中心とした治療を行うと良くなることが多いのです。(必ず治るわけではありません。特に臍の緒が絡まっている場合は不可です。)これについては東洋医学に精通している産科医師はご存じだと思います。
ここでは逆子を東洋医学ではどのように治療するかみてみましょう。

■東洋医学的考え方 
まずは東洋医学的に胎児がどのようにお腹で養われて出産するのかを述べてみます。
1か月目:肝経
2か月目:胆経
3か月目:心包経
4か月目:三焦経
5か月目:脾経
6か月目:胃経
7か月目:肺経
8か月目:大腸経
9か月目:腎経
10か月目:膀胱経
以上の流れで養われ出産します。
出産は10か月目の膀胱経と関係があり、膀胱経が「実」の状態になると難産もしくは逆子になりやすいです。少し話はそれますが「つわり」は3か月目や4か月目に発症することが多いので、心包経と三焦経が「つわり」に大きく関係します。つわりを治療する場合は「脾虚」として治療することが多いです。

■東洋医学的原因 
○膀胱経の実証:逆子・難産に多い。

■原因治療の鍼灸処方例 
○膀胱経の実証:至陰・三陰交が原則。

■施術のポイント 
○至陰・三陰交だけで良くなることも多いです。
○灸が基本になりますが10個ずつを目安にお灸をします。

■施術の目安など 
○文献があるのですが逆子は定期検診で分かり次第治療を開始すると80%の方の逆子が良くなるが、妊娠8か月以降での逆子は治りにくくなります。とにかく早い方が良いのです。僕の妻も二人目は定期検診で逆子と分かり次第、三陰交と至陰に灸を3日くらい続けたら次回の検診には逆子が治っていた。その後また逆子に戻ってしまったことはないです。(個人差はあります。)
○逆子の灸治療は特におすすめします。灸は熱くて嫌だと思いますが、帝王切開のリスクを考えると安心で安全だと思います。
以上が逆子の治療になります。

名古屋市内(特に守山区・名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で悩んでいる方、検討してくださいね。お問い合わせ、お待ちしております。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop