名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年07月26日 [症例検討]

肩こりに対する鍼灸(症例1)

鍼治療

今回のにこにこコラムは「肩こり」の症例です。

■年齢

30歳
 
■性別

男性

■主訴

肩こり

■現病歴

1年位前より肩こりがひどくなった。以前マッサージを受けたのだが、受けたときは気持ち良いのだが、効果は実感できなかった。
目を酷使すると症状が悪化する。手にかけてのしびれ・安静時での痛みはない。

■既往歴

特にない。

■薬の服用歴

特にない。

■東洋医学的所見

食事の状況:食欲あり過ぎる。食べる量も多い。最近太り気味で注意している。
小便の状況:回数1日5〜6回。量・色は意識してみていないので不明。夜中トイレは2回未満。
大便の状況:1日2〜3回共に硬い便が出る。
睡眠の状況:寝つきが悪く・途中で目が覚める。
尺膚の状況:腕全体が硬い。
好みの味:以前から塩辛いものが大好きで現在も同様に好き。
脈診:ほぼ正常。左の関上がやや無力。左の寸口がやや有力。右の寸口と尺中も有力。
腹診:天枢穴・肓兪に硬結と左脇下硬。

■証(診断)

腎虚証

■施術法

鍼:中脘・天枢・気海に切皮置鍼。尺沢・復溜・太谿・豊隆・温瑠・手五里・肩髃に接触鍼。
   背部散鍼・下肢の三焦経の硬結部位に接触鍼。
灸:脾兪・胃兪・腎兪・膏肓・気になる部位に1壮ずつ。
鍼:頭部の散鍼。
鍼:太淵の接触鍼。

■施術後の患者様の感想

患者様いわく、「初めての鍼でしたが、痛みもほとんど感じず、灸もチカッとする程度で何てことなかったと言って見えた、ただ終わって動く時少しふわっとしたが特に大きな問題はなかった。」との事です。

■その後
本人様より、「やっていただいた日は怠さが出て、ソファーでいつもなら寝ないのに知らないうちに寝てしまった。次の日起床したら体が楽になっていた。」と連絡を頂きました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop