名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年09月27日 [鍼灸療法]

流産予防に対する鍼灸

妊婦

名古屋市守山区のにこにこコラムです。
今回は流産予防の鍼灸についてです。
■はじめに
「妊活も無事終えて良かったなという矢先に起こってしまった流産。」もしくは「妊娠はしやすいだけど、流産ばかりしている。」こういった悩みのある方多いのではないでしょうか?そんな方にお勧めなのが、鍼灸や漢方薬の東洋医学です。鍼灸や漢方薬は個々の体質に合わせて処方するので徐々にですが流産しにくい体質に変えていくことは可能なんです。では東洋医学ではどうみるのかみてみましょう。

■東洋医学では
不妊症と同様、主に血の不足が原因で起こるケースがほとんどです。つまりは血が不足してしまうと胎児に十分な栄養が与えられないために流産してしまうと考えます。

■東洋医学的原因
@肝虚証
立ちくらみをしやすい・軟便・トイレが近い・食べれないというけど実際は食べれるなど随伴症状として挙げられる。

■原因別鍼灸処方例
@肝虚証
太谿・太衝・丘墟・陽池・関元・腎兪・肝兪などを適宜使用する。

■施術のポイント
・原因に対しての施術を行う。そうすることで全身の血行が良くなり、体内の老廃物の排出を促し体質改善をすることで流産予防が期待できる。
・子どもが妊娠してから流産予防を行うのも悪くはないですが、理想としては妊娠する前から行うことです。何故なら子どもが育ちやすい環境作りのに時間がかかるからです。

■施術の目安など
・個々の体質・体調により大きく異なります。定期的に通院して頂くことで改善が期待できます。
・体を冷やさないように注意してください。冷たい食べ物・生野菜などはできるだけ控えてください。それだけでも体が冷にくい環境作りのきっかけになります。

■続けて読んでほしい記事。
@月経不順
A不妊症

名古屋市(守山区・名東区・千種区)・尾張旭市・春日井市・その他の地域の方で、流産しやすい方・もしくは流産予防を考えてみる方、お気軽にお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop