名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年10月18日 [鍼灸療法]

帯状疱疹に対する鍼灸

帯状疱疹

■はじめに
記事タイトルに「帯状疱疹の鍼灸治療」とあるけど、帯状疱疹が鍼灸で施術できるの?と思われる方が大半ではないでしょうか?
実は鍼灸で帯状疱疹の施術はできるケースがほとんどなのです。「へぇ〜、意外だ。」と思われている方へさらに言わせて頂くと、鍼灸で帯状疱疹を治療すると帯状疱疹後遺症になる可能性が低くなります。それだけ鍼灸は有効だと考えられています。
では東洋医学でどう診ていくのかみてみましょう。

■東洋医学では
「蛇丹」と言われるケースが多い。湿熱や火熱が皮膚に滞ると気血の循環が滞り結果帯状疱疹となると考えます。

■東洋医学的原因
@脾虚証
ヘルペスのほとんどは脾虚証と考えます。脾虚で肺熱または陽明経の熱になっていることが多い。食欲の影響はない。

■原因別鍼灸処方例
@脾虚証
大陵・太白・間使・商丘・労宮・大都・足三里・温溜・魚際・孔最などを適宜使用する。

■施術のポイント
・原因に対しての施術を行う。行うことで全身の血行が良くなり、体内の老廃物の排出を促し、帯状疱疹を改善することが期待できます。
・水泡のできている部位に1個ずつ毎日お灸をすえると効果が良いことが多い。(帯状疱疹のウイルスは熱に弱いため。)

■施術の目安など
・帯状疱疹の改善する目安ですが、個々の体質や体調により大きく異なります。定期的に通院して頂くことで改善が期待できます。
・目または目の周辺に起きた帯状疱疹は眼科に行って下さい。頚・顔・頭にできたヘルペスもまずは病院で診察を受けてください。
・帯状疱疹の後遺症も鍼灸の対象になります。帯状疱疹のできた部位または患った時間により緩和するまでの時間が変わってきます。一般的には患っている時間が長ければ長いほど治りにくくなりますので、できるだけ早い段階で施術を受けられると、施術を受けない人に比べて予後が良い事が多いです。

以上になります。名古屋市(特に守山区)で帯状疱疹または帯状疱疹後遺症で悩んでいる方、お気軽にお問い合わせください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop