名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年11月30日 [鍼灸療法]

産後の頭痛に対する鍼灸

刺鍼ちゅう
名古屋市守山区のにこにこコラムです。
今回は「産後の頭痛」です。

■はじめに
なぜ今回、このタイトルにしたには理由があります。
たまたまとある会合に出席したのですが、そこで出席者の奥様が「産後の頭痛」でAクリニックで鍼施術を4回受けたけど効果がなかったという話になりました。そしてその方から産後の頭痛で悩んでいる方は多いということを聞いたので、産後の頭痛の鍼灸施術法について述べてみて悩んでいる方の選択肢になれば良いと思います。

■東洋医学では
以前頭痛の記事で書かせて頂きましたが、復習をしておきます。気滞(ストレス)・気血の不足・痰飲(水の代謝不良)・寒邪(外気の冷え)により頭に行く血液循環が悪くなると症状がでてきます。これを専門用語でいうと
「気不通則痛(気が通じなければ痛む)」もしくは「血不栄則痛(血が栄養を与えなければ痛む)」と言います。

■東洋医学的原因
@肝虚証
産後により血液が不足して頭に十分な栄養を与えられないために痛みがでたと考えます。

■鍼灸処方例
@肝虚証
太谿・太衝・丘墟・足三里・血海・風市・関元・章門・中脘・風池・完骨など適宜使用する。

■施術のポイント
・産後で気と血が不足しているので、痛みを伴わない鍼治療(接触鍼)や8分灸または知熱灸で優しい施術が大事になります。
・原因に対しての施術を行います。そうすることで不足している気と血を補い頭に十分な栄養を与えることができるので症状の改善につながります。
・痛みのある部位だけでなく下肢・上肢にあるツボを重視して施術をすると痛みがとれやすいです。

■施術の目安など
・産後の頭痛は体力の低下が根本にあるので、体力をつけながらと同時に徐々に痛みを改善する方法が一番の近道です。
・栄養をしっかり取ることが大事です。
・無理をしない事。ここで無理をして動くと高齢になる頃に色々な症状が出るケースが多いです。体を大事にしてください。

■合わせて読んでほしい記事

「頭痛」の鍼灸療法。


以上になります。頭痛の大半は鍼灸で対応できますので、名古屋市・尾張旭市・春日井市・その他の地域の方、お気軽にお問い合わせください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop