名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2020年08月18日 [コラム]

【 不妊治療 】 現代医学と鍼灸治療のメリットとデメリットについて

■この記事の筆者は当院の院長です。 院長のプロフィールならこちらへ。
メリット
今回は不妊治療における現代医学と鍼灸治療におけるメリットとデメリットを考えていきたいと思います。
では早速ですが、それぞれの治療のメリットから話を進めます。
現代医学のメリットは、不妊症の原因の約7割を見つけることができ、原因に合わせた治療が受けられること。科学的な検査によりどの婦人科医師が診察してもほぼ同じような診断と治療が受けられることになり安心感があることです。

鍼灸のメリットは何かと言えば、検査による異常の有無に関係なく、鍼灸独自の理論で施術可能になります。さらに身体的苦痛や負担は伴わない方が多いので身体に優しいですし、現代医学との治療の併用も可能ですし、治療による相乗効果がより得られやすいです。費用面についても、鍼灸は現代医学の不妊治療に比べて掛からないです。現代医学の不妊治療にかかる料金は1回あたり30万とも40万ともいわれています。当院の鍼灸治療であれば約60回分の程度の施術代で済むケースが多いです。さらには自宅でセルフ療法が可能です。夫婦二人三脚で協力しながら不妊治療を行うことも可能です。なお不妊治療は双方の協力があった方が良いと筆者は考えています。

■参照ページ
当院のホームページ「セルフケア」を参照

学資保険の教科書「不妊治療の費用はどのくらい?相場のまとめ」


デメリット
次にそれぞれの治療のデメリットについてになります。
現代医学のデメリットは、先ほどにも少し書きましたが、高度な治療になりますので経済的負担が大きいことです。そして治療には苦痛も伴うケース(採卵する場合がこれに当たることが多い)もあります。これだけのことをしても妊娠率は期待できるほど高くないです。(良いデータで3割ほどでしょうか、日本では高齢出産が多い傾向なので、必然的に妊娠率が下がる傾向にありますので一概には言い切れませんが、妊娠を希望される方は早ければ早いほど妊活をされるのが良いと思います。)

鍼灸のデメリットと言えば、これにつきます。治療の標準化がされているわけではないので、施術者の施術レベルや治療法が全く違いますので効果も千差万別になることでしょう。(鍼灸治療による科学的なデータも少ないことも関係しますが・・・)ですから鍼灸での不妊治療を考えてみえる方は、症例数や患者様の声を参考にして頂くことも良いですが、それよりも患者様が「納得できるだけの施術方針・施術経過など説明してくれる」と感じるような鍼灸院または鍼灸治療院を選ばれると良いと思います。

■参照ページ
大阪ニューアートクリニックの妊娠率の一考察のページ。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop