名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2018年03月30日 [コラム]

意外に知られていない「鍼灸が役に立つこと」とは

名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。

今回は「鍼灸が役に立つとき」というタイトルにしてみました。
ではどんな時に役に立つのかを述べていきますね。

■実は色々なケースで役に立つことが多い。
鍼灸というと「ぎっくり腰・腰痛・膝の痛み・足首の痛み」など関節や筋肉の痛みにしか効果がないと思う方がほとんどです。
こういう考えの方、損をしています。
何故なら、色々な症状の改善が期待できるからです。もちろん不適応な症状もございますが、ここで大事なのは病院に行って頂くようアドバイスするタイミングが大事になるのは言うまでもないですが・・・。

■どんな症状に対して役に立つのか。
色々な症状に対して良いのですが、今の時期に当てはまると、転勤・就職・進学などによる環境の変化による身体の不調。
これは本当に役に立つと思います。

■どうしてそんなことが言えるのか。
新しい環境に慣れるまでは、神経を使いますね。神経を使うと、内臓の働きに変化が出てきます。内臓の変化が現れるとそれが筋肉が硬くなることがあるのです。(それを現代医学の生理学で言う内臓体性反射と言います。)
筋肉の緊張を鍼灸でほぐすわけです。
そうすることで内臓の方も正常に戻るように修復を図り、体の不調が改善されるわけです。

■まとめ
このように鍼灸は関節や筋肉の痛みだけでなく、環境の変化により発生するストレスが原因で起こる様々な身体症状に関して役に立つ事が多い。筋肉の緊張を緩めるだけでも体は楽になることが多いのですが、これに加え東洋医学の独自のやり方を加味して施術をするとさらに良い効果が期待できます。

以上になります。比較的通院可能な地域(名古屋市守山区・千種区・名東区、春日井市、尾張旭市)の方、それ以外の地域の方も歓迎ですが、参考にしてくださいね。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop