名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2019年01月22日 [症例検討]

アトピー 【 症例4と症例5 】

■この記事の筆者は当院の院長です。 院長の事ならこちらへ。
アトピー

今回の鍼灸治療の症例(アトピー)。と言っても今回はレアなケースの報告を致します。
レアなケースとは何かというと、なんと同業者になります。とういう僕もまさか同業者が施術を受けに来るなんて夢にも思わなかったです。
前置きはこれくらいにしておきます。
【 症例4 男性 41歳 】
■予診票からの患者様の情報
中学生頃にアトピーを発症しました。今まではステロイドを使用しながらコントロールしてきたが、初検日の3か月前頃(夏まつりの終わった後)からコントロールができなくなり、この際に脱ステロイドを行い、アトピーの症状改善を目指して当院に見えました。過去に患った病気は特にはありません。アトピーの治療の一環で漢方薬を飲んでいるとのこと。
脈診
■東洋医学(鍼灸)の観点からみた患者様の状態
食事については食欲は普段と変わりなく、食べる量は普段と変わらず同じとのこと。小便は出にくい感じがあるとのこと。大便はコロコロに近い状態です。睡眠は痒みの為に目が覚めるとのこと。前腕内側(尺膚)は引きつりが強い感じがあります。お腹の状態は臍が盛り上がっているのが大きな特徴として挙げられます。脈診は細くて弱い。以上よりこの患者様の身体は全身の気虚(気の不足)により水分の代謝・血液の循環不全・血(栄養)の不足などにより特に皮膚に栄養が与えられない状態と判断しました。
■治療方針と治療経過について
治療方針は五臓(特に肺と脾)の働きを良くして気血を増やすことが1つ目、それから身体に不要な物(水や血)を排出を促すことが2点目、3点目は患部の皮膚を改善を促すこと、以上になります。
治療経過は初回の施術後、痒みが落ち着いてきたと一言ありました、さすがは同業者ですね、自分で治療をしたいということでしたので手足の要穴にお灸をしてくださいとアドバイスしました。
考察
■考察
この患者様の状態は良くない上に身体の状態が複雑でした。特定の臓器だけの働きを改善すればよいという身体状況ではなく、五臓すべてを改善しなくてはいけない状態ですし、さらに瘀血も絡んでいるので瘀血の処置が必要になってきます。そのことを患者様に説明し、納得されていたのであとはセルフで対応していってほしいですね。

アトピー
次の症例を挙げます。
【 症例5 女性 43歳 】
■予診票からの患者様の情報
初検日より4・5年前に目の周りにアトピーが発症しました。初検日より1か月前より症状が悪化し始めました。夜から深夜にかけて痒みが悪化するとのこと。なおステロイドの軟膏を塗るも症状がより悪化してしまうので、ステロイドの点滴を変更して行うも2,3日しか効果は持続せず、何とかならないかという思いで当院へ来院された。過去に患った病気はずっと前から片頭痛があるとのこと。
脈診
■東洋医学(鍼灸)の観点からみた患者様の状態
食事については食欲は普段通りありますが食べる量は普段より控えているとのこと。小便1日10回以上で量や色は普段と変わらず普通で、夜中1度トイレに起きる程度とのこと。大便1日1回で生活リズムが狂うとコロコロの便になる。睡眠は寝つきが悪いとのことで現在はこれに加えてかゆみの為に目が覚めるとのこと。前腕内側(尺膚)はひきつっている状態です。脈診はやや滑で左右の寸口が有力な状態ですが、左関上は力がない状態です。お腹の状態は左右の天枢穴に硬結ある状態です。以上からこの患者様の身体は肝臓の働きが低下したことにより肺と心臓に熱がこもり、皮膚が赤くなって痒みが発生したと判断しました。
■治療方針と治療経過について
治療方針は肝臓の働きを良くすることが1点、もう1点は心の熱と肺の熱を取ることになります。そうすることで皮膚の炎症が落ち着き皮膚の状態に改善につながってきます。
治療経過は通算2回目の施術(初検日より2日後)にはかゆくて夜中2時まで眠れなかったが、肌の赤みはすいぶん取れているとのこと。通算3回目の施術(初検日より7日後)には赤みは取れて睡眠もOKとのこと。なおステロイドは未使用で大丈夫だったとのこと。
通算4回目以降7回目の施術(初検日より14日後から初検日より35日後)にはただ主訴は良くなってはいるが、肌の状態はまだ弱く、もっと肌を強くするために最低週1回以上の定期的な施術は必要と説明するも、初検日より2か月後に諸事情の為通院できなくなってしまいました。
考察
■考察
この患者様のケースは僕の想像以上ペースで良くなっています。原因として挙げるのであれば、患者様の状態が比較的良かったことが1点(これが8割を占める)もう1点は診断が正しくかつ施術の刺激量が丁度良い感じでできたこと。以上の2つになります。なおアトピーの治療は一般的に治療開始時が最も辛いことが多いです。この壁を乗り越えられると今回みたいな施術効果へつながります。この患者様は継続不可能になってしまったので、残念ですが、最低週1回を定期的にできていれば皮膚の状態も更に良くなり、症状が悪化しにくい状態に持っていくことも可能だったのではないかと考えています。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop