名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2019年10月01日 [症例検討]

アトピーの症例5

本日もようこそ、当院のコラムへ。

今回はアトピーの症例です。

■初検日
2019年5月〇日
■性別
女性
■年齢
43歳
■主訴
アトピー(目の周り)
■現病歴
4・5年前より発症。1か月前より症状が悪化。夜から深夜にかけて痒みが悪化する。ステロイドの軟膏を塗るも症状がより悪化してしまうので、ステロイドの点滴を行うも2,3日しか効果は持続せず、何とかならないかという思いで当院へ来院された。
■既往歴
偏頭痛。
■東洋医学の所見
・食欲はあるが食べる量は控えている。
・小便1日10回以上で量や色は普通。夜中1度トイレに起きる程度。
・大便1日1回。生活リズムが狂うとコロコロの便になる。
・睡眠は寝つきが悪い。かゆみの為に目が覚める。
・尺膚はひきつっている。
・脈診はやや滑。左右の寸口が有力。左関上は無力。
・腹診は左右の天枢穴に硬結あり。
■証
・肝虚証で心熱。
■施術方針
・肝臓の働きを良くする。心の熱を取る。
■治療経過
2回目、〇日から2日後に来院。かゆくて夜中2時まで眠れなかったが、肌の赤みはすいぶん取れている。
3回目、〇日から7日後に来院。赤みは取れて睡眠もOK。ステロイドは未使用で大丈夫だった。
4回目以降は週1回のペースで施術で合計7回の施術で主訴はほぼ良くなった。ただ主訴は良くなってはいるが、肌の状態はまだ弱く、もっと肌を強くするために最低週1回以上の定期的な施術は必要と説明するも、初検日より2か月後に諸事情の為通院できなくなってしまいました。
■考察
・この患者様のケースは僕の想像以上ペースで良くなっています。原因として挙げるのであれば@患者様の状態が比較的良かったこと。(これが8割を占める)A診断が正しくかつ施術の刺激量が丁度良い感じでできたこと。以上の2つになります。
アトピーの治療は一般的に治療開始時が最も辛いことが多いです。この壁を乗り越えられると今回みたいな施術効果へつながります。この患者様は継続不可能になってしまったので、残念ですが、週1回を定期的にできていれば皮膚の状態も更に良くなり、症状が悪化しにくい状態に持っていくことも可能です。
アトピーで悩んでいる方、頑張って通院して頂き、楽しく明るい未来を掴んで欲しいと思います。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop