名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2018年07月31日 [症例検討]

不妊の症例1

名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。今回は不妊の症例を挙げます。

■初検日
・2018年△月〇日
■性別
・女性
■年齢
・32歳
■主訴
・不妊とストレス
■現病歴
この患者様は約3年半前に当院で不妊治療をされ、無事に妊娠して男の子を出産された方です。
@お子さんも大きくなり、職場復帰をされて、第2子が欲しい
A前回不妊治療で受けられていた時に、肩〜背中痛みを感じていると言われたため、追加して治療を施したところ身体が楽になったと実感があった。今回はストレスの方も治療をしてほしいということで、予約を取り施術を開始した。
再開時には2歳のお子さん(男の子)も連れて見えた。
■既往歴
・特になし。
■服薬中の薬
・現在は飲んでいない。
■東洋医学の所見
・食欲:ある。食べる量も多い。小便:1日5、6回。気持ちよく出て色も透明。
・大便:1日1・2回。睡眠:普通だが、気になったら目が覚める。
・精神状態:イライラしやすい。
・生理状況:周期30日前後。期間7日前後。生理痛というよりも下半身が重い。
・腹診:衝脈に抵抗あり。脈診:全体に滑。
・尺膚:ふにゃふにゃ。
■証
・肝虚証
■施術方針
・「脾」の働きを良くして「肝」の働きを助ける。(肝は子宮などの生殖器に関係があるため。)
■施術経過
2回目:〇日+7日後身体はすっきりしていた。
3回目:〇日+14日後表情はOK。ストレスで夫婦喧嘩ぽくなってしまった。
4回目:〇日+21日後発熱して体調不良。この時は脾虚証で対応。
5回目:〇日+28日後週の真ん中が疲れのピーク。顔色はまずます。
6回目:〇日+35日後最近体調が良くなってきた
7回目:〇日+42日後イライラはするも以前ほどではない。
8回目:〇日+49日後顔色が悪く、疲れているが無理してごはんを食べている。現在継続中。
■考察
不妊治療は1、2か月で妊娠する可能性は低いので、体調管理(妊娠しやすい環境づくりなど)が中心になります。
まず身体の緊張を取る治療を施し、ストレスの耐性を高めること。(ストレスは体内環境に異常を生じやすいため。)
その後、気血を増やし、肝臓の働きを回復していき、妊娠しやすい環境に施術していきます。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop