名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2019年11月19日 [症例検討]

不妊 症例2

■この記事の筆者は当院の院長です。 院長の事ならこちらへ。
不妊

本日もようこそ、当院のコラムへ。
今回は不妊治療の症例をあげます。

■初検日
・2019年某月
■主訴
・不妊治療
■性別
・女性
■年齢
・42歳
■現病歴
・主訴に不妊治療と書いたが、患者様本人は妊娠しやすいように体調を管理をしてもらえればということで見えた。過去に病院にて不妊治療を受けたこともあるが、うまくいかなかった。
■既往歴
・子宮内膜症(30代前半)。
・生理痛(以前より痛みの程度はひどい)
・低血圧(最高血圧が90、最低血圧が50くらい)
脈診
■東洋医学の所見
・飲食について:食欲はあり。食べる量も多い。
・尿について:1日5回程度。量・色共に普通。夜中にトイレに1回起きる。
・大便について:すっきり出ない。お腹が張る感じがある。
・睡眠について:普通。
・腹診:下腹部全体に硬結がある。
・脈診:全体にやや弦。右寸口、右関上共にやや無力。
・尺膚:カサカサ
・顔色:やや浅黒い
・結膜:やや赤黄色で濁った感じ。
その他:目がかすむ。
■証(東洋医学的診断)
・肺虚(気虚)で瘀血。
鍼灸
■施術方針
・肺の働きを良くして全身の血行を改善し瘀血をなくす。
■施術経過
・初検後に「施術後起こり得る鍼灸の作用」と「施術回数」について説明をした結果、週1回前後で通院して頂くこと、そして自宅にて毎日セルフ灸をして頂くことで治療を開始するにはなった。
3週間後(3回目の施術)には「目がかすむことがなくなり」、「尺膚のカサカサ」がとれて、顔色も艶が出てきた。
4週間後(4回目の施術)には脈が弦からやや滑に変化。ここで証を肝虚証に変更して施術。現在も継続治療中。
考察
■考察
・初回施術を受ける時対応について
この患者様は鍼灸がはじめてで初回時とても不安たっぷりでしたが、当院の鍼は「10人うけて10人絶対無理と言われたことはないんです、ただ鍼を刺すので少しチクッとするかもしれませんが、患者様の皮膚の状態と採卵経験があるということを考慮すると、99%大丈夫だと説明して施術をしました。」実際、行った結果これなら問題なしと言われ、少しずつ鍼に慣れていくように施術を行いました。
・施術方針
まずこれで問題はないです。ただ瘀血の状態はひどいので時間はかかるんだろうなと考えています。
・今後の目標
体調を良くして生理痛を軽減させることになります。子宮内膜症があるのでこれも改善されるまで時間がいるなと考えています。
・その他
一生懸命自宅で灸をしてくれているので、施術効果も非常によいものになっている感じがあります。体調管理のためにもこの患者様には続けてもらいたいです。
■その他の不妊治療の症例
・詳細はこちら

以上になります。
当院の不妊の鍼灸治療は、この通り痛みをほとんどなく、一生懸命何とかしようという気持ちが強い患者様ほど、施術効果もそれに合わせて良くなります。不妊症で悩んでいる患者様、ほんの少しの1歩を踏み出す勇気だけで十分です。あとは当院にお任せ下さいね。
お問い合わせ・予約はお気軽にメールや電話でOKです。お待ちしております。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop