名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年12月06日 [症例検討]

坐骨神経痛(腰椎椎間板ヘルニアが原因)にに対する鍼灸(症例検討1)

itami
今回は坐骨神経痛の鍼灸の症例をあげてみます。
【 症例1 女性 32歳 】
■予診票からの患者様の情報
左臀部〜大腿部にかけての痺れと痛みが最も辛い症状としてあります。これは約2年前に腰椎椎間板ヘルニアになったのが1つの原因として考えられます。さらに1年後の3月にMRIにて腰椎のヘルニアが悪化していると言われました。医師よりそ手術や痛み止めの注射なども勧められたが、どうしても不安がぬぐい切れずいずれも行われていません。長時間立っている時や歩いた時や前屈時に症状が悪化しやすく、さらに夜間痛(睡眠時に痛みが出る)があります。なお過去に患った病気は特にはありません。
脈診
■東洋医学の観点からみた患者様の状態
患部の状況は痛みのある部位は特定できないくらい広範囲で、押さえると非常に筋肉が硬く、仰向け時には腰が痛くて膝が全く伸ばせなく、膝のクッションが必要でバスタオルを4枚入れても痛みが残るといった状況でした。
食事については食欲は普通で食べる量も特に変化はありません。尿は回数・量ともに多くも少なくもなく、夜トイレに起きることはありません。大便は柔らかく1日2回くらいある。睡眠は痛みがあり眠れない。特に午前4時半〜5時に特に痛みが出るとのこと。前腕内側(尺膚)は引きつって硬い感じがあります。お腹の状態は左の期門周辺を押すと患部に響く感じがあるに加え小腹不仁が認められる。脈診は全体に細弦で右寸口が有力なので本人にくしゃみをすると痛いかと聞くと、くしゃみをすると怖い感じがすると言ってみえました。以上よりこの患者様の状態は肝臓の働きが低下したことにより腰部の靭帯や腱にダメージを受けたために起こる腰痛で肝虚証だと判断しました。
■治療方針と治療経過について
治療方針は肝臓の働きを良くすることが最も重要でその上で患部の鍼灸施術を加えて血行促進し痛みの改善を図ることにしました。
治療経過は施術した次の日に来院されたが痛みが悪化してしまった。これは鍼が初めてにも拘らず腰に鍼を刺すときに筋肉の硬い場所に当たるまで鍼を入れた結果、鍼の刺激量が多すぎたことが原因だと考えて、患部には鍼を刺すことなく皮膚に触れる鍼をして刺激量を減らしたところ徐々に痛みが軽減されていきました。30回目の施術(初検から2か月半)にはクッションを膝に入れなくても膝を伸ばせるようになりました。初検時から半年後には週2回程度の施術で痛みが落ち着いていて、1年後以降はほとんど痛みは気にならなくなり、それ以降から2020年5月末日まで痛みの予防及び腰以外の痛み(例えば膝・肘・肩)や体調不良(腹痛など)で週1回以上のペースで通院中です。
考察
■考察
腰椎ヘルニアで患部となる腰部の筋肉は痛みにより過度な収縮状態に陥っていたと考えられ、徐々に筋肉を緩めればこんなことにはならなかったが、早く痛みを軽減したいという施術者の邪念が出てしまった結果、腰部の悪いところまで鍼を入れて筋肉の緊張を急に緩めようとしたのが失敗でした。(過度な筋肉の緊張を一気にとると急に血行が良くなり過ぎて体が反応しきれないため却って痛みが増してしまうことがあるからです。)刺激を調整した後は診断・刺激共に良かったので徐々に良い結果になっていくのはある程度推測できました。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop