名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2017年04月21日 [症例検討]

疳の虫に対する鍼灸 (症例)

■この記事を担当している筆者は「当院の院長」になります。詳細はこちら
疳の虫
今回は「子供のかんの虫」の鍼灸の症例を挙げてみます。

【 症例1 男性 1歳 】
■予診票からの患者様の情報
突然キーキー言う。夜泣きがひどい。大声を出す。じっとしていられない。そして言葉を覚えるのが遅いなどがあり、発達障害なのではないかと心配しているとのこと。過去に患った病気は特にないです。
■来院時のお子様の様子
表情は穏やかではなく、情緒不安定な感じがあり、「おそらく疳の虫だろう」と想定できるくらいでした。施術者に対する恐怖もしくは不安感があり、親にべったりしていた。言葉が遅いのはまだ1歳なので個人差があるのでそこは気にならなかった。
小児鍼
■施術方針と施術経過
施術方針は施術の前に当院の雰囲気に慣れることが1つ。施術中は子どもに興味をもつもの(このお子様の場合はミニカーでした)を渡して、手短に素早く痛みを感じさせないよう気持ちよく小児鍼を施すこと。施術時間の目安は1歳ですので約5分程度で行うことにする。施術計画として施術効果を得るためにまず3日続けて欲しいと提案するも、ご家族様の都合で難しいという事で週1回で了承を得ました。
施術経過は施術直後は気持ちが落ち着いて穏やかな表情でした。初検日から6週間後(通算6回目の施術)にはキーキーすることも減ってきて落ち着いている。表情もにこやかでDVDプレーヤーへ自ら行くようになる。初検日より22週間後(通算施術22回目)には家族様から「言葉が少しでるようになった。」と言われた。疳の虫も安定してきている。この頃になると子供の成長についての相談が出てきた。初検日より33週間後(通算33回目の施術)にはイヤイヤ期に入ってきた。単語が以前よりも多くなり、会話をして少し意思疎通が図れるかな、といった状態です。初検日より34週間後以降は少しずつですが、お子様も成長されていくのが分かりました。(例えば言葉の数が増えたり、僕の言い分も少しですが分かってきたことが挙げられます。)初検から約1年半経過した頃に親御さんから以前に比べてすいぶん成長したのを感じます。1度鍼を中止して今後は行政の支援を得ながら成長を見守りたいという旨のことを言われたので、治療を終了としました。
考察
■考察
主訴を良くするのは鍼をするのも大事ですが、親の更なる愛情が必要になってきます。そうすると親さんの中には「きちんとやっている。」と答える方が見えますが、子供が親に求める愛情は無限大です。できる限り愛情を注いであげると今回の症例みたいな施術効果が得られる可能性は高いです。
実際、定期的に1年以上施術を行うことで保護者の方に良い評価をいただいております。ただ唯一気がかりなのは、行政の支援(発達障害)で子供の成長をみていくということです。子供は周りの子供の影響を受けやすいものです。ですから、周りの子が普通にできる環境下で一緒に生活したほうがより一層の成長が見込まれると思います。元気で過ごされているといいなと思います。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop