名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2018年09月18日 [症例検討]

子供のアトピー1

名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。

今回は子供(アトピー)の症例検討です。

■初検日
2018年4月□日。
■性別

■年齢
3歳
■主訴
アトピー。
■現病歴
生まれてまもなく。イライラしたとき、外遊びをしたとき、泣いたときに悪化しやすい。IgE抗体が900ある。顔にひっ掻き傷あり。
■既往歴
食物アレルギー
■薬
抗アレルギー薬(アレロック)を服用。
■東洋医学の所見
3歳と小さい子供さんのため、東洋医学の診断も大事ですが、まずお子さんがこの雰囲気に慣れることが重要と説明して施術をおこなったので東洋医学の所見はとっていない。
■施術内容
どんなだけかかっても5分以内で施術を終わらせるようにした。
小児鍼にて全身をさらっと施術した。
■施術経過
2回目:□日+3日後
顔の赤みは少し落ち着いている。施術内容に変更なし。施術後、母親よりステロイドのことについて尋ねられたので以下のように答えた。
「理想はステロイドを塗らないほうが良いが、どうしてもかゆい時は使用して下さい。」というと何か納得されていない感じでした。
3回目:□日+10日後
咳が出ている、風邪をひいているみたいと病院で言われ、様子をみたいと言われた。しかし、その後施術以来の電話はありません。
■考察
これは僕の説明がかえって不安を仰ぐ内容になってしまった感じがします。ただ説明をしておかないと後で症状が出た時に鍼で悪化してしまったと苦情を言われかねないし、インフォームドコンセントの時代としては当たり前だと思いますのでこれはこれで仕方がないのかなと思います。
ただもう少し柔らかい表現で説明してあげたら良かったのかなと思います。




ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop