名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2017年07月17日 [症例検討]

甲状腺機能亢進症に対する鍼灸(症例1)

お任せあれ
名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。
今回は甲状腺機能亢進症の症例をあげてみます。

■初診日
・2017年●月△日。
■性別

・男性
■年齢
・43才
■主訴
・甲状腺機能亢進による不眠・体のほてり。
■現病歴
・20数年前に発症。ストレスにより不眠・体のほてりが悪化する。
■既往歴
・脳梗塞
・高血圧
・アトピー性皮膚炎
■東洋医学的所見
・食欲はなし。食べる量も少ない。
・小便は5回〜6回/日。疲れてくると量が多くなる。夜中トイレに1回起きる。
・大便は便秘気味で柔らかい便がでる。下痢をすると疲れる。
・睡眠はほとんど眠れないので疲れがとれない。
・尺膚はガザガザ。
・腹診は鳩尾に抵抗感あり。下腹部に力がない。
・脈診は滑で不整脈。
・背部はアトピーの影響でひっかき傷が目立つ。
・薬の影響で頭の毛が抜けてしまったとの事。
■証
・腎虚、心肺の熱で瘀血
■施術法
・復溜、三陰交、豊隆、足三里、血海、不容、章門、中脘・天枢・関元・甲状腺部位接触鍼。背部散鍼、足の三焦経散針。
灸を腎兪・志室に各1壮。
■施術後の説明
・まずは鍼刺激により一時的に症状が悪くなるケースがあると説明。状態が良くないため最低週2回を1カ月続けて様子を見て今後の予定を立てるつもりですと説明して納得され次回の予約を取られた。
■施術後の経過
・2回目:△日から4日後。眠れるようになった。食欲も出た。と言って見えた。初検と同じ施術
・3回目:△日から7日後。髪の毛が少しはえてきたと言って見えた。睡眠状況はOK。初検と同時施術
・4回目:△日から12日後。非日常的なことが起こり寝つきが悪かった。落ち着くまで時間がかかった。
・5回目:△日から15日後。病院で診察を受けたら不整脈はあったが脈拍数が減っていた。初検時と同じ。
・6回目:△日から18日後。下腹部が非常に冷えている。不整脈もある。初検のツボに豊隆・足三里・衝陽を加える。
・7回目:△日から21日後。前日食あたりをして調子が悪い。6回目と同じ施術。
・8回目:△日から24日後。皮膚全体のガザつきが低下。6回目と同じ。
・9回目:△日から27日後。全体的に体のかさつきが減る。6回目と同じ施術。
・10回目:△日から32日後。睡眠状況はOK。6回目と同じ施術。
・11回目:△日から34日後。眠れない日があった。事情を聴くと仕事のことで不安なことがあった。10回目の施術+下腹部を散鍼。灸を命門・志室を2個、腎兪を1個に変更。
・12回目:△日から38日後。倦怠感が少しある。脈の速さ、血圧も安定。薬を飲まなくても問題ないと言われた。11回目と同じ。
・13回目:△日から41日後。上腹部に冷え。冷たいものを食べた。施術は11回目と同様。
・14回目:△日から48日後。都合で1週間あいたので状態があまり良くなかった。11回目と同様の施術。
・15回目:△日から52日後。ここ2日ばかり調子が良好。食欲が一時期低下していたが現在はOK。11回目と同様。
・16回目:△日から55日後。腹部全体に冷え。11回目と同様。
・17回目〜22回目:△日から82日後。腹部に冷えがある。11回目と同様。
・23回目:△日から85日後。脈が沈滑・結で腹部が全体に冷えが強い3回目前から比べて状態が良くないため11回目の施術の灸の数を増やした。
・24回目〜33回目:△日から130日後まで。本人からはどうこう悪いとは言われなかったが脈が沈滑結は変化があまりなかった。23回目と同じ施術。
・34回目〜45回目:△日から162日後まで。脈が少し浮いてきたが不整脈はとれていない。手の冷えが感じる。23回目と同様の施術。
・46回目〜54回目:△日から224日後まで。このころから決して身体の状況は良くないが本人からの強い希望で週1回に変更。まだ不整脈・身体の冷えは続くも何とか問題なく日常生活が過ごせるとのこと。23回目同様の施術。
・55回目〜65回目:△日から306日後まで。46回目以降と状態は変化なし、現状維持はできている。23回目同様の施術。
・66回目〜77回目:△日から約1年経過後まで。胃腸の状態が良くないと言われ、証を腎虚から脾虚に変更。それに伴いツボも変更。ツボは大陵・太白・三陰交・血海・足三里・衝陽・関元・章門・脾兪・胃兪・三焦兪・志室。灸を脾兪・胃兪・三焦兪・志室・命門・志室に変更。不整脈はあるが、以前ほどひどくない状態。髪の毛もまばらながら生えてくるようになった。現在も継続中。

■考察
・食事の状態からみると脾虚ですが、その他の症状を合わせると腎虚証の2つに迷った。ただ甲状腺機能亢進・高血圧・動悸の状態から見て腎虚証の病証が圧倒的に多いので腎虚証で施術した。施術が良かったのか自分が思っている以上に効果があった感じがする。その後腎虚を主体に施術をしてきましたが、脾虚の方がひどくなってきたので脾虚にベースを変更。その結果、気血も増え、その結果髪の毛がまばらながらも生えてくるようになったと考えます。
■続けて読んでほしい記事
甲状腺異常の鍼灸療法
以上になります。
名古屋市・尾張旭・春日井市・その他の地域の方、参考にしてくださいね。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop