名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2018年07月23日 [症例検討]

頸と背中の痛み1

名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。

今回は「首と背中の痛み」の症例を挙げてみます。

■初検日
2018年〇月△日
■性別
女性
■年齢
46歳
■主訴
頸と背中の痛み
■現病歴
10数年前からずっとあり、今回は特にひどい。マッサージを受けるがなかなか良くならない。筋弛緩剤として精神安定剤(デパス)をひどい時に服用している。
■既往歴
特になし。
■東洋医学的所見
食欲:旺盛・食べる量も多い。
小便:1日2から3回、色が濃い。
大便:下痢。
睡眠:小さいお子さんが見えるため気になって目が覚めてしまう。
生理前にイライラしたり頻脈になることがある。
腹診:心か満・衝脈に硬結あり。
背診:皮膚表面は固く、皮膚を押すとさらに硬い。
脈:全体に緩で細でやや無力。
■証
腎虚
■施術方針
腎を補う。
■治療内容
・大陵・太白・三陰交・地機・陰陵泉・血海・衝陽・復溜・陽池を接触鍼。
頸・背中・下腿に散鍼。
・膏肓・脾兪・胃兪・三焦兪・腎兪に灸1個。
・頭部全体に散鍼した後尺沢に接触鍼。
■治療経過
・施術後、3時間経過した後に電話があり、「症状が劇的に良くなった。」と言って見えました。予定が立たないため次回の予約は取らなかった。
・△日から7日後
頸肩の凝りがある。目が疲れる。以上の症状に対して同様の治療を行う。施術後脈をみると随分力強くなったのを確認。予定が立たないため予約を取らなかった。
■考察
・劇的に良くなるケースはあまりないです。なぜ今回は効果が劇的に見られたかというのを考えたいと思います。これは身体によくない物質(湿邪など)を体外に良く排泄できたために劇的に改善されたと考える。身体によくない物質を取り除くにあたり、内臓の働きもバランスよく施術していかないとこういった結果にはなりにくいです。こういったケースが増えるよう日々努力していきたいと思います。



ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop