名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2020年01月21日 [症例検討]

【良く効いたと思う症例】 右手と腰の痛みの症例

手の痛み
本日もようこそ、当院のコラムへ
今回は症例をあげますね。
どんな症例かというと右手の痛みと腰の痛みです。

■初検日
・2019年11月〇日
■主訴
・右手と腰の痛み
■年齢
・63歳
■性別
・女性
■現病歴
・1か月前より痛む。東京にいるお孫さんの面倒をみているうちに腰・右手を痛めた。当院に通院する前日にマッサージを受けたが目に見えた効果はなかったとのこと。右手はドーンとした痛み、腰は「靴下をはくとき」・「洗顔時」の動作で痛む。なお絶えず違和感はあるとのこと。

過去に数回鍼の経験はあるが、怖さのためかすごく緊張してしまうとのですが、痛いよりは良いと思い当院へ通院された。(なおこの患者様は施術中にずっと僕と会話をするだけの余裕がありました。これで鍼が痛い・怖い。灸が熱いなどの悪いイメージが気持ちよい変わったと思いますよ。)
■既往歴
子宮筋腫(10年以上前)
脈診
■東洋医学的所見
・食欲はある。食べる量も多い。
・小便は1日6から7回。量・色は普通。夜中にトイレに起きるのはまれ。
・大便は便秘気味で硬い。
・睡眠はたまに不眠になる。(考え事をするときになる)
・腹診:小腹不仁。
・尺膚:ガザガザしている。
・脈診;全体にやや滑。左関上で弦。右尺で沈実。
・性格:我慢してしまうタイプ。
■証(診断)
・腎虚証と瘀血
刺鍼中
■施術方針
・腎の働きを良くする治療と瘀血を取り除く治療に加え、患部の血行促進をする。
■施術経過
施術中に右手の痛みはなくなった。2回目には腰の痛みは良くなり、ただお尻の骨のあたりがドーンとした感じが残るとの事。
まだ状態が良くないから3回目の予約をと説明するが、諸事情で後日連絡を入れると言われたがその後1か月以上経過するも連絡はないし、状態が心配で当院から連絡を入れても連絡がない。
考察
■考察
初検時の状態をみてさほどひどい状態ではなかったので、施術方針と鍼刺激さえ間違えなければ、数回で良くなると想定した通りの施術経過となりました。

ただ先ほどにも書きましたが、患部への施術に対する鍼刺激の量を間違えないというのは今回の施術効果のキーポイントになりました。当院では基本鍼は「浅く刺す」ことで治癒を促しますが、今回の腰の痛みは「やや深く刺す方が浅く刺す方が効果が期待できる。」ケースなので患者様に深く刺す理由と施術後の反応など説明をして口頭で同意を得て施術をしました。

そのおかげもあり、施術効果も非常に良いものになったと考えます。(こういうケースは滅多にありませんので、鍼をしたらすぐ良くなると思うのは誤解をうみますのでしないで下さいね。)


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop