名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2018年08月07日 [症例検討]

喉の詰まり感1

名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。今回は喉の詰まり感です。

■初検日
・2018年○月□日
■性別
・女性
■年齢
・52歳
■主訴
・喉の詰まり感・胃腸が気持ち悪い。
■現病歴
・3年以上前から喉の詰まり感がある。まず15時以降に腸が腫ってくると夕方に喉の詰まり感が現れるといった感じで症状が出る。
■既往歴
・数年前に更年期障害。
■服薬
・半夏厚朴湯(ドラックストアで購入)
■東洋医学所見
・食欲は普通。食べる量も普通。
・小便1日10回以上。量は少ない。夜中に1回程度。
・大便便秘。・睡眠は2・3時間で目が覚めてしまう。
・腹診は心か満・小腹不仁を伴う。
・脈は全体に細。左の脈は細革。
・尺膚:全体に硬い。
■証
・腎虚証
■施術内容
関元・天枢・中かんに切皮置鍼。尺沢・太淵・復溜・陰谷・三陰交・足三里・兪府に接触鍼。灸を関元3個。
大椎・身柱・神道・膏肓(切皮置鍼。)足の三焦経・腎・頭部散鍼。灸を脾兪・腎兪・三焦兪に1個ずつ。
■施術後の説明
このような症状は心の病の1つと考えています。過去に数例心の病を施術していますが、1回もしくは2回の施術を受けて、もう少しで症状の改善が現れてくるかこないかという中途半端な状態で通院をやめられてしまう残念な経験を多くしています。
これを活かして今回は以下の2点を重点に念を押しました。
@良くなってきたと思うまで週1〜2回で約3か月(施術回数で12回〜24回程度)はかかると説明。
A施術毎に確実にかつ劇的に改善することは少なく、症状が改善もしくは停滞しながら長い目でみて徐々に良くなっていくから継続して通院して下さいね。
以上の2点を患者様から了承を得た上で次回の予約を取った。
■施術経過
2回目:□日から3日後。脈が前回より全体的に力強くなってきた。前回の施術後に身体がだるくならなかったか確認したところ何も変化がないといっていたので特に施術方針に問題はないことを確認。
前回同様の施術に大陵穴と天井穴を追加。これは前回に比べ心熱と三焦経に熱が認められたための追加。
施術後、「何も効果がないからどうなんでしょう?」と聞かれたので、初検時に胃腸が腫った感じが出てくると喉の詰まり感が出ると言われたのをカルテに記載してあったので確認すると胃腸のはった感じは良くなったと言われたので良くなっているはずですよと説明。
次回の予約を取る。
3回目:□日から4日後。体調がすぐれないためキャンセルしたいまた良くなったらお願いしたいと連絡があった。
数日後、当院から連絡を入れると言うと「先生にご迷惑になるからいいです」と断られた。
■考察
施術後に良い兆しが見えているので診断・取穴については間違いはなかったと考えます。ただ症状改善の過程の仕方をもう少し具体的に説明して納得して頂ければ症状改善が望めたのではと思います。患者様が言わない方がほとんどだと思いますが、良いと思っていても金額の問題で難しいとおっしゃるのであれば、自宅でお灸をしながら週1回のペースで施術を行うということも可能です。それでも難しいと言われる方は病院で診察が一番安いです。病院での診察ならまず耳鼻科での診察した結果異常がなければ、心療内科の順になります。耳鼻科で原因が分かり、治療ができればそれでOKですが、耳鼻科で原因不明で心療内科での診察で処方される薬で治療することになります。しかしながら、心療内科の出る薬は依存性の高く、症状が改善しても薬をなくすことは難しくなります。
薬でずっと症状を抑えるのが良いのか、代替治療の鍼灸で依存性のなく副作用の少ない治療で身体の中から改善するのか、決めるのは患者様自身になります。

以上になります。



ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop