名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2020年06月30日 [症例検討]

腰痛 【 症例5と症例6 】

■この記事の筆者は当院の院長です。 院長の事ならこちらへ。
腰痛
今回は腰痛の症例を挙げてみます。
【 症例5 女性 43歳 】
■予診票からの患者様の情報
2019年5月△日に初診。3か月より腰痛になる。当院へ見える前に整体で治療を受けた際に「骨盤がずれている」と言われ、施術を受けるもあまり効果が実感できず、どうしような悩んでいたところ、知人から鍼灸が良いと聞き、怖いイメージがあったが意を決して来院された。
安静にしていれば腰は痛くないが、「立ち上がる時」と「寝返りの動作時」には症状が明らかに悪化する。過去に大きな病気をされたことはないです。
脈診
■東洋医学の観点からみた患者様の状態
食事については食欲は普通にあり良く食べる。小便は1日5回程度で色や尿量は普通。大便は1日1回で軟便。睡眠は1日7時間半で夜中に目を覚めることはない。前腕内側の皮膚状態は非常に引きつっている感じがある。お腹は左右の胸脇硬。左鼠径部抵抗あり。脈診は全体にやや滑。左関上が浮。右寸口有力。以上の情報から得られる患者様の身体の状態はほぼ肝虚証で良いと判断する。
■治療方針と治療経過について
治療方針は肝臓の働きを良くして肝臓の働きの1つである靭帯や腱を丈夫にし、さらに患部(この患者様のケースでは腰ではなく側腹部)の血行を促進する。そして肝臓の働きをより良くするために肺と脾の働きを調整する。
治療経過は3回目までには腰痛はほぼなくなるが、左の股関節が痛みが出てきたので、施術方針は同じで腰の一部とお尻の押さえて痛む部位と大腿内側部で押さえて痛む部位に同意を得ていつも使う鍼より長く太めのものを使用。4回目は予約を取るも状態が良いため様子をみたいという電話があり、中止。それから1か月経過後、痛みが再発。同様の施術を施し腰痛はほぼ改善し、今後はしっかりメンテナンスしますと本人から言われたが、実行されることはなく、ハガキなどで連絡を取るも連絡はなかったので良くなったと判断し中止する。
考察
■考察
・今回の腰痛は典型的な肝虚証だと判断し施術したのが良かった。ただ、3回施術しただけで完全に腰痛が良くなるわけではないです。ただ症状が一時的に取れただけということを患者様に説明してもなかなか理解が得られなかったのが残念です。

男性 腰痛
【 症例6 男性 31歳 】
■予診票からの患者様の情報
2019年6月某日が初検。6か月前に腰を痛めた。日頃仕事で荷物を持つことが多いため腰に疲労がたまって起こったのだろうと本人が言って見えた。症状が悪化しやすいこととして「重いものを持って移動した時」と「腰をねじった時」になる。この患者様はこれだけでなく、背中・頸・肘も痛いと訴えられている。
過去に大きな病気をしているわけではない。
脈診
■東洋医学の観点からみた患者様の状態
食欲は普通にあって食べる量もものすごく食べるわけでなく普通。尿は1日7回程度。量は少なく色は透明で夜トイレに起きることはない。
大便は1日1回で硬くなく柔らかいわけでもない。睡眠については寝つきが悪く寝起きも悪い。良く夢を見る。夜中に目が覚める状況で睡眠の質は悪い。お腹は左右の鼠径部に抵抗がある。脈診は全体に滑で左関上の部位で弱い。前腕の内側は非常に緊張している。
以上よりこの患者様の状態は脾胃の働きの低下が見られるも、それよりも肝の働きが低下している状態(肝虚証)であると判断。
■治療方針と治療経過について
治療方針はまずは肝臓を良くすることで背中の筋や靭帯の状態を良くして症状を取る、それに加えて脾胃の働きも良くすることで睡眠状況の改善を図ることにします。
治療経過は2週間で3回施術しましたが、1回目の施術で寝ていても痛いのがOKで寝返り動作もだいぶ良くなってきたとの事。2回目の施術で寝返り動作もだいぶ良くなったとの事。3回目の施術はまた寝返りを打つと痛みが少しあるが、施術後だいぶ取れたが、まだまだ身体は良い状態ではないので、4回目の予約を取ろうとするも、仕事の都合がつかないのでまた連絡を入れると言い施術をとりあえず終了。その後約1か月後に再度通院。腰痛はほぼ良い状態との事。ただ片頭痛持ちなので片頭痛の治療をとお願いされ施術。施術後片頭痛もだいぶ良くなったとの事。また時間に都合をつけてくるということでしたので、とりあえず治療を終了します。
考察
■考察
・施術経過からみて、施術方針は間違っていないと考えます。実際、3回目の施術から1か月以上も経過して痛みが発生していないのを見ると体内の状態が良くなったことを示しているからです。
ただ身体の状態は良くなっても、無理をして身体の手入れをしないとしばらくして悪化する可能性も十分にあります。ですから、定期的な施術でお手入れして腰痛になりにくい身体を作って頂いた上で、仕事・趣味にも力をいれて頂ければと思います。ただ最終判断をするのは患者様本人です。あなたならどちらを選びますか?


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop