名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年10月25日 [鍼灸療法]

アキレス腱の痛みに対する鍼灸

刺鍼
名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。
今回はアキレス腱の痛みの鍼灸治療についてです。

■はじめに
「アキレス腱が痛くて運動ができない。」・「アキレス腱が痛くて歩くこともできない。」などアキレス腱の痛みは様々な程度があります。その中で鍼灸が適応するのはアキレス腱が断裂していないケースです。断裂治療後のリハビリ時期になれば鍼灸も適応時期になります。そうすることで回復もより早まることが期待できます。では東洋医学的にどうみるのかみてみましょう。

■鍼灸では
痺証(関節の痛み・痺れの症状を言う)の一部と考えられます。
< 原因 >
・使いすぎなどで内臓(脾、胃、腎)の働きが低下してアキレス腱に栄養が与えられないと痛みが出る。< 施術方針 >
・内臓(脾・胃・腎)の働きを良くする。・患部周辺のコリを取る。
< その他 >
・日常生活では無理をしないことが最も重要。・アキレス腱の完全断裂は鍼灸では不可ですが、部分断裂なら可能です。もちろん完全断裂・部分断裂ともに病院での処置後の予防には非常に有効です。

名古屋市でアキレス腱の痛みで悩んでいる方、お気軽にお問い合わせくださいね。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop