名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年02月16日 [鍼灸療法]

辛いアトピー何とかしてほしい方、必見!|鍼灸によるアトピー性皮膚炎の治療法

■この記事を担当している筆者は「当院の院長」になります。詳細はこちら

痒み・アトピー

今回は子供から大人まで幅広い年齢層に多いアトピーです。当院では子供から大人までのアトピーに対応可能です。

■はじめに
・皮膚科疾患のアトピー性皮膚炎ですが、一言でアトピーといっても程度により状態も様々ですが、痒みを我慢すればひどくならずに済むことが分かっているけど寝ている時に無意識に掻いてしまって困ってしまう場合も多いですね。

かといって病院での治療は@「ステロイド」A「スキンケア」B「原因物質を限りなく取り除く」の3本柱。
 ステロイドは塗って痒みは落ち着くけど、その反面@皮膚が薄くなってしまう。Aステロイドの量は減らせるかもしれないけど、使用しなくても良い状態まで持っていくのは難しい。
 スキンケアで保湿もしなくてはいけない。原因をなくすと言っても限界がある。
など現代医療ではひと手間も二手間をかけて治療をしないと改善しにくいです。

3つの治療の中で特にステロイドは極力減らしたい・止めたいと思う患者様が結構見えます。
そのような患者様は、是非とも東洋医学(鍼灸や漢方)でアトピー性皮膚炎の施術を受けて頂き、患者様と一緒に症状の改善できるように頑張り、笑顔を取り戻しましょう!

< 参照ページ >
国立成人医療研究センターのアトピー性皮膚炎。


刺鍼中

■鍼灸ではどう考えるか。
< 原因 >
・過労、ストレス、環境、飲食不摂生などで内臓(五臓、特に肝・脾・腎)の働きが低下して気血水の過不足が起こることで、体内に発生した体に悪い物質(風邪・熱邪など)が皮膚に入り込むと、皮膚にかゆみや赤みが発生する形になります。
特に痒みがひどい時や夜間痒みがひどくなるのは「心」の働きが低下した場合に起こります。

< 施術方針 >
・内臓(五臓、特に肝・脾・腎)の働きを良くして気血水の過不足を調整する。そうすることで体内で発生した悪い物質の生成をなくし排出を促す。

・体内で発生した悪い物質を「大便または小便または汗」に排出を促しがら、皮膚の修復を促す。(皮膚に体内で発生した悪い物質が出る場合があります。それについては後述します。)

・まずは「かゆみ」を止めること → 次に皮膚の修復を促す → 次に皮膚を強化を促す → 最後に色素沈着を減らす。

・自宅でセルフケア(千年灸もしくは耳ツボマッサージ)をして頂くことで施術効果持続を図ります。(可能な方のみ対象)

< 注意点 >
・甘いもの・を食べ過ぎないように気を付けて下さい。悪化する原因になります。

・皮膚の再生のサイクルは1か月と言われているので、なかなか改善されにくいので辛いですが「絶対良くなるんだ」という気持ちを忘れず施術を受けに来てください。こちらもなるべく早く治るよう頑張ります。

・ステロイドを使用している方がほとんどになりますが、理想はステロイドを使用しないことです。(ただしどうしても我慢ができない場合は併用して治療しても良いです。生活に支障が出ても困りますからね、徐々に回数を減らしていけば問題ありませんから。)

治療過程で体内の老廃物が皮膚上に現れることが多いです。
どういった反応が現れるかと言うと、皮膚が「赤くなる」もしくは皮膚の「痒み」もしくは皮膚の「痛み」もしくは皮膚が「じゅくじゅくする」もしくはこれらが併発して出てくる場合があります。
これらが起こる原因として考えられるのはステロイドもしくは保湿剤の使用により皮膚のバリアが弱くなっているため起こる。
これらは継続施術を行うことで皮膚の状態が改善されれば良くなってくることが多い。

< その他 >
・個人差がありますが、海水や炭酸風呂などがアトピー性皮膚炎に良いケースがあります。なお鍼灸治療と併用するのもOKです。

■症例はこちら。一度見て下さい。
アトピーの症例1
アトピーの症例2
アトピーの症例3
アトピーの症例4
アトピーの症例5

アトピーで悩んでいる方、今すぐに予約またはお気軽にお問い合わせください。お待ちしています。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop