名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2015年11月02日 [鍼灸療法]

咽喉の詰まり感に対する鍼灸

不安感

名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。
今回は咽喉の詰まり感についてです。

■はじめに
「喉の詰まり感がある」という中には
・検査で異常なし。
・重大な疾患が隠れている。
というケースに分かれます。
まずは現代医学の診方を簡単に説明した後に東洋医学の診方を簡単に説明していきます。

■現代医学では
喉の詰まり感で考えられる原因は
@慢性の咽頭炎・喉頭炎・扁桃腺炎。
A咽頭がん・喉頭がん
B逆流性食道炎
C加齢によるのどの粘膜の分泌低下。
などが挙げられます。

この中で不適応なのは咽頭がん・喉頭がんです。これは病院で診てもらって下さい。
生命を危険を冒す症状(癌など)以外はほとんどが対応可能です。
では東洋医学はどう見るかみていきます。

■東洋医学ではどう考えどう施術するかみてみましょう。
飲み込んでも呑み込めない・吐き出そうとしても吐き出せないのでこれを梅の種がのどに引っかかっているような感じに例えて「梅核気」と言っています。

< 梅核気の原因 >
・過労・ストレス・生活環境や習慣により内臓の働き(特に腎)が悪くなり、それにより体内から発生したからだに身体に悪い物質(痰邪など)が喉に侵入すると症状が起きる。

< 施術方針 >
・内臓の働きを良くする。
・体内で発生した悪い物質を取り除く。

< 注意点など >
・規則正しい生活を過ごしてください。
・お灸によるセルフケアは毎日、自分で根本を施術できるので、できればして頂いた方が良いです。
・検査で異常がない方は最適応ですが、改善するまで時間が必要になるケースが多いです。諦めずに定期的に施術を受けられることで、喉の詰まり感の改善が大きく期待できますよ。

名古屋市内(特に名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域でのどの詰まり感で悩んでいる方、お気軽にお問い合わせください。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop