名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年03月22日 [鍼灸療法]

便秘に対する鍼灸

便秘

名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。
今回は便秘についてです。

■はじめに
便秘といっても原因によっては病院治療が必要なことがあります。それは大腸がんです。これを除いたうえで話を進めていきます。
私、「便秘なの、1週間出ていないのよ。」とかいやいや私なんて「10日出ていないのよ。」なんて耳にすることがあります。そして「便秘なんて下剤を使えば問題ないでしょ!」と思う方もたくさん見えると思います。ただ下剤に頼ると体が慣れてしまい(大腸が緩んでしまう)、より強い下剤・またさらに強い下剤を使用しないと便秘になってしまうのです。
これって結構怖くないですか?いずれか便秘に効く薬が無くなるかもしれないのですから・・。

私(俺?)が便秘だけどどうしようと思う方、下剤という選択肢の他に鍼灸の治療法で解決するという選択があっても良いと考えます。そこで今回は便秘について鍼灸ではどう考えどう見るかみてみましょう。

■鍼灸では 
・「秘結」と言います。
< 原因 >
・生活環境の変化・ストレス・飲食不摂生などで内臓の働き(特に胃)が低下すると便秘すると考えます。

< 施術方針 >
・内臓の働き(特に胃)を良くする。そうすることで蠕動運動を促進します。

< 日常生活での注意点 >
・繊維のある食べ物をとる。
・運動をする。
・ストレスと上手に付き合う。
・排便したいときは我慢してはいけません。
・トイレに行く習慣をつける。

< その他 >
・日頃より下剤を服用している方の便秘はなかなか治りにくい。大腸が緩んでしまい排便する力がなくなっているため。

■合わせて読んでほしい記事

下痢の鍼灸療法。

名古屋市内(特に守山区・名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で便秘で困っている方、お問い合わせ、お待ちしております。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop