名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年01月26日 [鍼灸療法]

男性不妊症に対する鍼灸

刺鍼中

■はじめに
「不妊症」という言葉は女性がメインと考えられる方が多いと思いますが、実際は男性が原因で不妊症になるケースも結構あります。
現代医学では以下のように考えています。
@精子を作る臓器の働きが悪いもしくは発育が悪い。(精子の運動率が悪い。精子の量が少ないなどが当たります。)
A勃起障害・早漏・遅漏
Bストレス
Cアルコール・タバコ
D糖尿病
が主な原因と考えられています。治療法は体外受精・人工授精などが主な方法です。

では上記の中で鍼灸が対応できるのは@の一部とAとBです。Dも対応可能ですが糖尿病の鍼灸施術を中心に行います。
Cは対応は難しいですね。中国の書籍には禁煙の鍼灸療法がありますが、もちろん僕は経験ありません。

■鍼灸では 
< 原因 >
ストレス・過労・栄養の不足などで内臓(肝・腎・脾・胃など)の働きが低下すると生殖器の働きも低下して起こる。

<  施術方針 >
・内臓(特に肝・腎・脾・胃)の働きを良くする。そうすると生殖器の働きも良くできるので不妊症の改善が可能になります。
・精子の働きを改善する可能性が高めるためにも定期的な通院が必要です。
・ストレスの場合は肩甲間部や首肩のコリを取る。自律神経の働きを改善させる作用があります。

< 養生 >
・ストレスが原因の場合は自分なりの発散方法や上手に付き合う方法を合わせて行うと良い。
・過労・栄養状態は日常生活の環境を見直すことである程度対応できると思います。
・セルフケアで棒灸で下腹を温めること。
・性生活を見直すことも大事です。性生活のし過ぎで内臓(特に腎)の働きが低下します。低下すると不妊症の原因になります。

名古屋市内(特に守山区・名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で男性不妊で悩んでいる方、検討してください。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop