名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2015年09月08日 [鍼灸療法]

円形脱毛症に対する鍼灸

刺鍼中

名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。

今回のテーマは抜け毛です。

■はじめに
○抜け毛と言われたら、まず円形脱毛症と壮年性脱毛症(男性ホルモンの分泌に関係があり、加齢とともに髪の毛が抜ける。)の2つがコラムを読んで頂いている方にはピンとくると思います。ここでは鍼灸治療で効果が期待できる円形脱毛症について書きます。
残念ながら壮年性脱毛症は鍼灸療法では効果があまり期待できません。

■現代医学ではどう考えているか。
〇男女での発生率
男性よりも女性の方が多い。
○症状
10円玉くらいの大きさ〜500円玉くらいの大きさがよく見受けられますが、中にはほとんど抜けてしまうケースもあります。
〇現代医学で考えられている原因
・自己免疫の過敏な反応のために毛を作り支える組織を攻撃してしまうことで起こると考えられています。
〇治療法
・第1段階はステロイドで毛を作り支える組織に起こった炎症を抑える。
 第2段階で炎症の再発を抑えて血行を促進させて髪の毛が生えてくるのを促す。
こんな感じで行われるのが一般的です。
鍼灸では第1段階以降が施術の対象になります。

■東洋医学(鍼灸)ではどう診るのか?
原因
髪は腎の精気と肝の血が必要になると考えています。つまり、脾胃(現代医学で言う胃腸)の働きが低下、ストレス、過労などが原因で精気と血が不足して髪に栄養が与えられないと円形脱毛症になると考えています。

対処法
何が原因で精気と血が不足したかを突き止めます。もし胃腸の働きが低下もしくは過労で精気と血が不足している場合は鍼灸で胃腸の働きを良くするように促します。ストレスは肝経や肩甲骨間部や頸部に関係があることが多いので鍼灸にてアプローチをします。
もちろん患部にも鍼灸を加えることで血行促進を促します。

どうして上記の対処をするのか。
患部だけでは患部周辺の血行しか改善しません。それだけでは不十分です。何よりも栄養が患部に行かないと髪の毛に栄養が与えられないと髪の毛が生えてくる可能性は低くなるから。

■日常生活の注意点
・ストレスと上手につきあう。
・食事の栄養バランスに気を付ける。
・睡眠を良くとる。
・頭皮のマッサージを行う。
・難しいと思いますが、改善されるまで時間がかかるので気持ちにゆとりを持ってください。
などがあります。

名古屋市内(特に守山区・名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で悩んでいる方、検討してください。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop