名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年02月02日 [鍼灸療法]

むくみ(浮腫)に対する鍼灸

浮腫

名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。
今回はむくみ(浮腫)を中心に取り上げてみます。

■はじめに

浮腫と一言っても疲れから内臓の病気までいくつかの原因があります。
まずは現代医学ではどう考えているかみてみます。
「@生活習慣からくる浮腫」と「A病気からくる浮腫」の2つに大きく分かれます。
・同一姿勢保持、筋力の低下、栄養(タンパク質不足)、過度な飲酒などは@の生活習慣からくる浮腫に入ります。
・心臓、肝臓、腎臓の働きの低下やがん切除によるリンパ浮腫などはAの病気からくる浮腫に入ります。
@の生活習慣からくるものについては「筋トレ、同じ姿勢でいないようにする、栄養バランスに気を付ける」などでほぼ解決できます。鍼灸治療はほぼ必要ないと思います。(鍼灸をしてはいけないと否定しているわけではありません。)
Aの病気からくる浮腫は塩分など日常生活で気を付けないといけないことに加え、場合によっては薬物療法が必要になります。状態によっては手術も必要になります。

それでは鍼灸ではどうみるかみていきます。

■鍼灸では 
< 原因 >
・過労、ストレス、飲食不摂生などで内臓(脾・肺・腎・三焦など)の働きが低下すると、水の排出が悪くなります。、水の排出が悪くなり下半身に水がたまると浮腫が起こると考えます。

< 施術方針 
・内臓(脾・肺・腎・三焦など)の働きを良くして水の排出を良くする。
・内臓の働きが低下した原因に対して日常生活上注意事項をアドバイスをする。

< その他 >
・過労で起きた浮腫は鍼灸を行うことで浮腫を早期改善を促すことに加え、疲労回復にもつながるのでお勧めです。
・心臓、肝臓、腎臓の働きが悪くなって起きた浮腫は、身体の状態によっては鍼灸でも対応は可能です。
・手術後で起こったリンパ浮腫は比較的難しいと言われます。


名古屋市内(特に守山区・名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で浮腫みで悩んでいる方、検討してくださいね。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop