名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年05月16日 [鍼灸療法]

下痢に対する鍼灸

腹痛
名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。
今回は下痢についてです。

■はじめに
「私もしくは僕は胃腸が弱くて、下痢をする」と言う方をちらほら耳にします。もちろん当院でも「下痢気味なの。」と言われる方がみえます。
では下痢の原因を現代医学では
@辛い物または冷たい物の取り過ぎ
A感染症(胃腸かぜ・O157など)
B潰瘍性大腸炎などの難病
Cストレス
など多岐に分かれます。
治療も薬物療法・輸液(脱水がひどい場合)・飲食を控える・ストレスと上手に付き合うなど原因に応じて対処していきます。

■さて東洋医学(鍼灸)で下痢の治療ができるのか?
当院では、「治療院に見える大半の下痢(ストレス性、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、胃腸風邪など)は対応できる。」と答えます。(ただし大腸がん、重大な感染症の疑いがある場合は不適応です。)
そうなると、読んでいる皆様は下痢を治療するとしたらまず「どう考え」、「どう治療をして」、そして「どのくらいで効果が得られるか」が気になると思いますのでここで書こうと思います。

■鍼灸では

黄帝内径という古典には「飧泄」と言います。
< 飧泄の原因 >
これは過労、ストレス、飲食不摂生などにより内臓(主に肝、脾、腎)の働きが低下することがベースにあります。
ベースで自然界にある体に悪い物質(風邪・寒邪・湿邪など)が体内に入り込んで起こるケース。
ベースのために体内から発生する体に悪い物質(風邪・湿邪・熱邪)が腸に入り込むケース。
以上の2つに分かれます。

< 施術方針 >
・内臓(主に肝、脾、腎)の働きを良くする。
・内臓の働きが悪くなった原因を突き止める。
・体に悪い物質(風邪・湿邪など)を取り除く。
以上になります。

< 注意点 >
・治療院にかかられるほとんどのケースは脱水の心配は皆無ですが、下痢をしたら水分の補給はしてください。
・むやみに市販の下痢止めを飲んではいけません。下痢は止めたらいけないケースもあるからです。特にO157などの感染症の場合、下痢止めを飲むことで体内に毒素をため込んでしまいます。そうすると毒素のために亡くなってしますケースもあります。
・急性の下痢(発熱を伴う)は感染症の疑いが強くなります。まずは病院で診察をお願いします。

以上で今回の守山区のにこにこコラムを終わりにしますね。
名古屋市内(特に名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で、下痢で悩んでいる方、お気軽にお問い合わせなどお待ちしております。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop