名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2019年02月05日 [鍼灸療法]

排卵痛と鍼灸

皆様、お尋ねします。
生理痛はよく耳にしますね、では排卵痛っていう言葉はよく耳にしますか?
恐らくですが、生理痛よりも耳にするのは少ないと思います。
そういう僕は男なので生理痛のことはよく耳にして分かっていても、排卵痛は正直開業するまで知らなかったです。
さらに僕の妻は排卵痛には無縁の方でしたので知る由もありませんでした。

早速ですが、排卵痛と何ぞやという話から鍼灸は適応なのかまでなるべく分かりやすく説明をしてみます。

■排卵痛とは・・・・
・生理と次の生理の間にある排卵時期にお腹や腰にくる痛みです。痛みは針で突くような比較的強い痛みから痛みをさほど感じない程度まで幅広いです。生理がある10人に約4人が排卵痛を経験すると言われています。結構多いですね。

・どうして痛みが出るのか。
それは卵胞が破れた時に起こる出血が卵巣の前表面を覆う腹膜に刺激を与えることで起こると考えられています。

・痛みを緩和させるにはどうしたら良いか。
身体を冷やさないこと。
ストレスとうまく付き合うこと。
それでも痛む場合は鎮痛剤服用。
以上が緩和させる良い方法だと思います。

・気を付けたいこと
長い間痛みが続く場合は臓器が癒着したり筋腫があったりするケースがあるので一度病院で診察を受けて下さい。
以上が現代医学的な説明です。

■鍼灸は適応なのかどうか・・・
・ほとんどの適応できます。ただし、臓器に癒着しているときは鍼灸では不適応です。筋腫は大きさにより変わります。小さければ対応可能です。
少しだけ脱線しますが、鍼灸では生殖器は肝の働きに関係するので肝の働きを良くするような施術で対応することが多いです。
(個人差があります。)

以上になります。
名古屋市(特に守山区・名東区・千種区)・尾張旭市・瀬戸市・春日井市・その他の地域で悩んでいる方、すぐにお問い合わせ下さいね。




ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop