名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年09月13日 [鍼灸療法]

冷え性に対する鍼灸

冷え性
名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。
今回は冷え性です。
■はじめに
・冷え性は病気と言うよりも症状の1つです。ただ冷え性は体にとって良くない場合が多いです。例えば
@不妊。
不妊は瘀血と血の不足がほとんどを占めていることは不妊症のページでご覧になったと思います。どうしてかと言いますと、極寒地域では植物は育ちますか?育たないですよね。人間の体も同じで冷えていると妊娠にくく流産もしやすいのです。
A免疫機能の低下。
体が冷えてしまうと病気になりやすいです。どんな病気になりやすいかと言いますと「ガン」です。36.5度以上体温があると癌になりにくいと言われます。なぜかというとガンは熱に弱いからです。たかが冷え性だからと思っていると痛い目に合うかもしれません。では鍼灸ではどうみるかみてみましょう。
■鍼灸では
< 原因 >
・過労、睡眠不足、飲食不摂生、ストレスなどで内臓(肝、脾、肺、腎など)の働きが低下すると体に栄養が与えられません。その結果として体の新陳代謝が低下して冷え性になる。
< 施術方針 >
・内臓の働きを良くして新陳代謝が上がるようにする。
< 養生 >
・冷たい食べ物や生ものは胃腸の働きを低下させます。そうすると栄養物の作る量が減る。減ると体の新陳代謝を促進することはできにくいからです。・過労、睡眠不足には気を付ける。
・セルフでお灸をする。
・冬の時期はスパッツなどはいて、下半身の冷やさないように気を付ける。
以上になります。

皆様まず、「冷えは万病のもと」ということを意識しましょう。そして養生は気を付けているけど、冷え性が改善しない方はお気軽にお問い合わせください。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop