名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年11月08日 [鍼灸療法]

胃腸に対する鍼灸

刺鍼 腰
名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。
今回は胃腸に対する鍼灸方法についてです。

■はじめに
「小さいころからずっと胃腸が弱くてね・・。」・「胃腸風邪は良くなったけど胃腸の働きが良くない。」・「消化器の手術をしてから胃腸の調子が良くない。」など胃腸の調子に関係するエピソードは多いです。これらは病院で診察を受けても、胃腸薬・整腸薬など限られた方法でしか対処できないのが現状です。どうしてかというとこれらの症状は現代医学で苦手とするところだからです。現代医学の強みは原因を突き止め、原因に対処することです。ここまでは非常に良いのですが、原因を対処した後のアフターが現代医学では良い方法がないのです。こういった症状は実は鍼灸、漢方薬が得意とする分野なのです。ではどう見ていくかもう少し詳しく説明していきます。

■鍼灸では
< 胃腸の生理 >
・胃腸が程よい状態でいるためには、「腎、肝、肺」の働きが良いかで決まります。腎は胃を温める作用があり消化を助ける。肝は脾胃に指令を出す。肺は脾の水分を裁く。(脾に水分がたまると脾胃の働きが低下します。)3つの臓器が助け合いながら胃腸は正常に働くわけです。
 原因 >
・過労、病気後のために内臓(脾胃など)の働きが低下することで起こる。
< 施術方針 >
・内臓(肝・脾・胃・肺・腎)の働きを良くする。そうすると胃腸の働きが正常になる。
< その他 >
・日常生活の注意点として絶食または食事の回数を1日5回などに分けて徐々に食べる。・体を冷やすものや生ものは脾胃の負担をかけるので控えて下さい。どうしても食べたいときは火を通してから食べて下さい。以上が胃腸の調子が悪いときの鍼灸治療となります。

名古屋市・またはその周辺(名東区・千種区・春日井市など)で悩んでいる方、お気軽にお問い合わせください。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop