名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2017年12月08日 [鍼灸療法]

潰瘍性大腸炎の鍼灸

鍼灸
名古屋市守山区のにこにこ鍼灸のコラムです。
今回は潰瘍性大腸炎の鍼灸についてです。

■はじめに
潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜に潰瘍ができる炎症性の病気で、国が指定している難病の1つです。確認で難病情報センターのホームページで調べて簡単に書いてみますと
○特徴のある症状血便もしくは下痢と良く起こる腹痛です。
○患者数と発症年齢約16万6000人(平成25年現在医療受給者証及び登録者証交付の合計数)です。発症のピークは男女ともに20歳代。若い人から年配の方まで発症する。
○治療法現代医学では薬(抗炎症剤・ステロイド・免疫抑制剤など)を投与することで大半の方の症状が落ち着いてくる。といった感じです。どの年代にも発生する可能性が高く、症状は安定できる可能性が高いですが、より良い生活の質を高めるのにおススメできるのが鍼灸になります。

■鍼灸では?
< 原因 >
・内臓(主に肝・脾・腎・大腸)の働きが低下したことに体内で発生する悪い物質(湿邪・熱邪)が大腸に侵入すると症状が起こる。
< 施術方針 >
・内臓(主に肝・脾・腎)の働きを良くする。・体内で発生した悪い物質の排出を促す。・養生のアドバイスをする。

< 注意点 >
・厚生労働省している難病のため1回・2回で症状が完全に落ち着いてくるのは少ないと考えます。病院治療との併用で症状が軽減できお薬を減らせる可能性は十分にあります。定期的な施術を行い内臓の働きを良くして症状緩和をしその状態の維持に努めます。 以上になります。

名古屋市またはそれ以外の方、難病で諦めている方が多いと思いますが、少しでも質の良い生活が送れるようにと思いますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop