名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2019年05月14日 [鍼灸療法]

頚椎神経根症と鍼灸

鍼
本日もようこそ、当院のコラムへ

当院は只今日時を設定した上でグーグル広告を掲載しております。
その中で気になった検索キーワードについての現代医学の診方と東洋医学系での診方及び鍼灸治療の適応もしくは不適応の説明を簡単に説明致しますね。

今回はタイトル名にある「頸椎神経根症」になります。

■そもそも頸椎神経根症とは何か?
頸椎神経根症とは加齢による頸椎または椎間板の変化により神経を圧迫して腕から手にかけての痛みやしびれを起こす症状です。これと似た病気は頚腕症候群・胸郭出口症候群などが挙げられますが症状は似ていても原因が違います。
簡単に現代医学の観点から説明をしましたが、治療法はどうでしょう。

■では現代医学の治療法はどうなのか?
@牽引療法を行う
A消炎鎮痛剤投与
B筋力低下が著しい場合や痛みがひどい時は手術する方法
以上があります。

■治療経過
治療経過は良好なことがほとんどです。

以上が現代医学上からみた考え方です。

■では東洋医学はどうでしょう
頚椎神経根症という病名はありません。手の痛みやしびれが主な症状のため関節の痛みやしびれは東洋医学では
「痺証」に当てはまります。

■原因及び施術方針
痺証は痛みの種類により「風痺」・「湿痺」・「寒痺」に大きく3つ程度に分けられます。それぞれ原因に応じて鍼灸施術を行います。
そうすることで原因となる体内の老廃物が排泄され症状の軽減・緩和を致します。
症状が緩和できたら今度は痺証になりにくいように全身調整で体調を整えます。

■治療経過
個々の体力・症状などで治療経過は変わりますが、現代医学同様経過は良好なことが多いです。

以上が東洋医学上からみた考え方です。

■これらを基に頸椎神経根は鍼灸に適応するかしないのか
・この症状については鍼灸は適応することがほとんどです。ただし体力や症状により改善するまでに必要な施術回数は変わってきます。
詳細はお気軽にご相談ください。

以上になります。
頸椎神経根症で悩んでいる方は今すぐ予約、またはお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop