名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年05月24日 [鍼灸療法]

辛い変形性股関節症の痛みを軽減!鍼灸でのアプローチ法

■この記事を担当している筆者は「当院の院長」になります。詳細はこちら
股関節痛
本日もようこそ、当院のコラムへ
今回は股関節の痛みの原因の1つと考えられる変形性股関節症についてです。

■はじめに
〇立ち上がりや歩き初めに足の付け根が痛むが歩いているうちに痛みが軽くなる。
〇立位・歩行・日常動作(靴下をはく・正座をする・あぐらをかぐこと)が難しい。
というような症状の方、たくさんいるのではないでしょうか。

そういう症状がある方は股関節に原因があることが多いのです。
股関節の原因の1つ、変形性股関節症の鍼灸の治療方法と現代医学の考え方について書いていきます。

股関節鍼治療

■鍼灸では 
「痹証」にあてはまります。
< 痹証の原因 >
・痹証は自然界にある体に悪い物質(風邪・寒邪・湿邪の3つの邪気)が合わさって股関節の部位で血行を阻害することにより起こる。

< 施術方針 >
・内臓の働きを良くして気血水の過不足を調整する。
・自然界にある体に悪い物質(風邪・寒邪・湿邪)を排出を促す。
・患部のコリをとり血行を良くする。
・筋力低下が認められる場合は筋トレをして頂く。

< 治療経過 >
・股関節の痛みは1・2回の鍼灸治療では劇的に良くなるケースは少ない。(長い間、股関節に疲労を与えてきた結果起こった症状のためすぐには良くならないことが多い)
・個々の体力・症状の程度により良くなるまで必要な回数と時間が大きく異なりますので、実際は診てみないとどのくらい回数が必要になるかは判断できません。
・変形性股関節症は根治すること(変形した関節は元には戻らないため)はできないので定期的な施術をして日常生活に影響のないようにすることがもっとも大事になります。

< 日常生活での注意点 >
・痛みがあるときは身体から休めなさいという信号を送っているので無理をしないようにお願いします。無理をすればするほど症状がこじれてしまい治りにくくなります。
・基本患部を冷やさないようにして下さい。冷えると余計血行が悪くなり悪化しやすいです。(炎症がある場合のみ冷やすのはOK。)
・ストレッチをして頂き、柔軟性をたかめることで痛みの軽減が図れます。

■その他、参考に症例をあげます。
症例@こちらをクリック。
症例Aこちらをクリック。
症例Bこちらをクリック。

医師の診察

■次に現代医学の考えは

「 原因 」
@加齢による股関節軟骨などの変形が原因。
A寛骨臼形成不全がある方は変形性股関節症になりやすい。

「 治療方法 」
@痛みとなる原因を取り除く。
(例)重たいものを持つと痛むのであれば、重いものを極力持たないようにする。
A痛み止めを飲む。
B筋力が落ちると股関節に負担がかかり痛みが増す原因になるので「筋トレ」を行う。負担のかかりにくい「水中歩行」が良いと思います。
C上記の方法でも良くならないケースでは手術(人工関節)をする方法があります。

☆参照ページ
日本整形外科学会(変形性股関節症)を参照。

■最後に
・変形性股関節症はひどくなると日常生活に支障が出てきやすいので、早めの治療が一番です。

股関節周辺が痛くて辛い思いされている方、早く良くなりたいと思う方、今すぐ予約、またはお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております。



ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop