名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年05月24日 [鍼灸療法]

股関節痛に対する鍼灸

■この記事を担当している筆者は「当院の院長」になります。詳細はこちら
股関節鍼治療

本日もようこそ、当院のコラムへ
今回は股関節痛です。

■はじめに
この記事を書くにあたり日本整形外科学会の「股関節」の症状を参照にします。
○「階段を降りる時、足の付け根が痛む。」
○「屈むことができにくいもしくはできない。」
○「腿を挙げると痛くてたまらない。」などの症状がある方、股関節もしくは周辺の筋肉に原因があることが多いです。股関節周辺に痛みが出る理由は以下の約5つが挙げられます。
@感染症。
A変形性(加齢)。
B筋肉。
C骨折。
D膠原病(リウマチ)
などが挙げられます。

「 病院での治療 」
・感染症に対しては抗生物質投与が基本。
・変形性や筋肉性はリハビリ・運動療法が基本。
・骨折は手術で対応。
・リウマチは抗リウマチ薬・免疫抑制剤・ステロイド。
以上のように対応する感じになります。

上記の原因で鍼灸院が対応できるのはA・B・Dですね。

@の「感染症」はまず病院で対処して頂くことがもっともはやい回復が見込まれます。ただ近年耐性菌の問題もあるので、治療効果があまり良くない場合は薬との併用または鍼灸単独での対応可能です。
Cの「骨折」は完全な不適応で、病院で処置してもらって下さい。骨折処置後の股関節の痛みは対応可能です。

では鍼灸ではどうみるかみていきましょう。

■鍼灸では 
「痹証」にあてはまります。
< 痹証の原因 >
・痹証は自然界にある体に悪い物質(風邪・寒邪・湿邪の3つの邪気)が合わさって股関節の部位で血行を阻害することにより起こる。

< 施術方針 >
・内臓の働きを良くして気血水の過不足を調整する。
・自然界にある体に悪い物質(風邪・寒邪・湿邪)を排出を促す。
・患部のコリをとり血行を良くする。
・筋力低下が認められる場合は筋トレをして頂く。

< 日常生活での注意点 >
・痛みがあるときは身体から休めなさいという信号を送っているので無理をしないようにお願いします。無理をすればするほど症状がこじれてしまい治りにくくなります。
・基本患部を冷やさないようにして下さい。冷えると余計血行が悪くなり悪化しやすいです。(炎症がある場合のみ冷やすのはOK。)
・ストレッチをして頂き、柔軟性をたかめることで痛みの軽減が図れます。
・リウマチのある方で免疫抑制剤を飲んでいる方は風邪をひかないよう注意する。
・高齢者の方は転倒に気を付ける。(骨折しやすいため)
・過度なステロイドの使用は避ける。(大腿骨の一部が壊死する場合がある為)

■その他
症例を挙げておきます。こちらをクリック。

股関節周辺が痛くて辛い思いされている方、早く良くなりたいと思う方、今すぐ予約、またはお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop