名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年05月09日 [鍼灸療法]

甲状腺障害に対する鍼灸

甲状腺亢進のための発汗

■はじめに
・現代医学で甲状腺障害と言えば、主に甲状腺機能亢進症(バセドウ病)と甲状腺機能低下症(橋本病)の2つあります。
○機能亢進症の症状の特徴は、代謝が向上するので「痩せる」・「脈が速くなる」・「汗が出やすくなる」などがあります。
○機能低下症の症状の特徴は、代謝が低下するので「太る」・「脈が遅くなる」・「汗が出ない」などがあります。
現代医学では主に薬物治療になります。症状や甲状腺の状態により手術もあります。
ここでは鍼灸療法で甲状腺障害をできるのか、そして効果はどうなのか、ここで挙げてみます。

■鍼灸では
「癭気病」と言います。
< 原因 >
過労が主な原因として考えられています。過労になると内臓(主に肝・脾・腎)の働きが低下して甲状腺に影響を及ばすと甲状腺機能亢進症や低下症をおこすと考えます。

< 施術方針 >
・内臓(主に肝・脾・腎)の働きをよくする。
・前頚部(甲状腺)に鍼刺激を与える。

< その他 >
・甲状腺の基準値にすることよりもまずは甲状腺による症状を落ち着かせることが重要。
・薬については飲み続けてください。減薬したい場合は医師に相談してくださいね。
・不妊症に甲状腺の異常がある方が見えます。その場合、甲状腺の治療もしていくことが大事になります。

■続けて読んでほしい記事
甲状腺機能亢進症の症例1
糖尿病の鍼灸療法。

名古屋市内(特に守山区・名東区・千種区・東区)・春日井市・尾張旭市・その他の地域で悩んでいる方、お気軽にお問い合わせお待ちしております。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop