名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院
ブログ
2016年05月09日 [鍼灸療法]

鍼灸ではこんな症状にも効果が期待できる。|甲状腺障害編

甲状腺亢進のための発汗

■この記事を担当している筆者は「当院の院長」になります。詳細はこちら

本日もようこそ、当院のコラムへ
今回は甲状腺機能障害についてです。

■はじめに
甲状腺の病気は現代医学だけではホルモンの数値は改善で来ても、甲状腺異常による諸症状はとれないことが多く、反対に鍼灸だけですと病気に随伴する症状は改善されても、ホルモン数値は改善できないので心臓などに負担がかかり最悪の場合死亡してしまいます。ですから甲状腺の治療は現代医学と鍼灸の良いところを上手に使い患者様の体調管理が比較的可能になりやすいです。

ちなみに現代医学で甲状腺機能障害と言えば、主に甲状腺機能亢進症(バセドウ病)と甲状腺機能低下症(橋本病)の2つあります。東洋医学(鍼灸)では甲状腺の病気をまとめて「癭気病」と言います。「癭」は頸すじにできるこぶを指し、ちょうど甲状腺が腫れた感じがまさしく「癭」の状態に当たります。

次に鍼灸の観点と現代医学の観点からもう少し説明します。

■まず東洋医学(鍼灸)では
・先ほどにも書きましたが「癭気病」と言います。
< 原因 >
・過労が主な原因として考えられています。過労になると内臓(主に肝・脾・腎)の働きが低下して甲状腺に影響を及ばすと甲状腺機能亢進症や低下症をおこすと考えます。

< 施術方針 >
@内臓(主に肝・脾・腎)の働きを良くして気血水の過不足を調整する。
A前頚部(甲状腺部)に鍼刺激を与える。これで患部の血行を促進する。

< その他 >
・鍼灸で甲状腺機能を改善するという科学的データは僕が把握している限りは残念ながら「ない」です。ですから現代医薬を服用しながらの治療になります。薬によって甲状腺の数値を安定させ、鍼灸によって甲状腺機能亢進症もしくは機能低下症に伴う症状(汗をかく、イライラする、疲れやすいなど)を改善することは可能です。

・薬で甲状腺機能の改善をコントロールしているので、薬については飲み続けて下さい。また身体の状態により減薬したい場合は自己判断するのではなく、担当医師に必ず相談してくださいね。

・不妊症で悩んでいる方で甲状腺機能亢進症が見える方がいます。その時は不妊治療の他、甲状腺の治療も必要になってきます。
このような場合、東洋医学では腎虚(腎臓の働きが低下している状態)または肝虚(肝臓の働きが低下している状態)が原因でおこることが多いです。

■続けて読んでほしい記事
甲状腺機能亢進症の症例1

以上が東洋医学(鍼灸)の診方です。
次に現代医学での観点から説明します。

 原因 
・甲状腺機能亢進症は自分の免疫システムが悪さをして起こると考えられています。(自己免疫疾患)
・甲状腺機能機能低下症は原因不明。

「 症状 」
・機能亢進症の特徴は、代謝が向上するので「痩せる」・「脈が速くなる」・「汗が出やすくなる」・「眼球突出」・「イライラする」などがあります。
・機能低下症の特徴は、代謝が低下するので「太る」・「脈が遅くなる」・「汗が出ない」・「倦怠感」などがあります。

「 現代医学での機能亢進症と機能低下症の治療法 」
@薬物治療
・甲状腺機能亢進症に対して「甲状腺ホルモンを作りにくくする薬」を使用する。
・甲状腺機能低下症に対して「甲状腺ホルモンを補充する薬」を使用する。
Aアイソトープ治療
・甲状腺機能亢進症に対して行います。どの病院でも行えるわけではないそうです。
B手術
・甲状腺のガンが併発している場合に行います。その他に症状や甲状腺の状態により手術のケースもあります。

☆参照ページ
全日本民医連のホームページ

甲状腺障害で悩んでいる方、いますぐ予約、または気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしております。


ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop