名古屋で鍼灸に関する知識を発信する-にこにこコラム | 鍼灸なら名古屋市守山区の<にこにこ鍼灸治療院>

にこにこ鍼灸治療院
  • トップページ
052-793-6211
にこにこ鍼灸治療院

Blog

2016年05月09日 [鍼灸療法]

鍼灸でこんな症状にも効果が期待できる|甲状腺機能亢進症

■この記事を担当している筆者は「当院の院長」になります。詳細はこちら
甲状腺
甲状腺の病気と言って思いつくのは色々な病気がありますが、やはり「甲状腺機能亢進症」ではないでしょうか。この病気になる大半は女性で比較的若い年齢層が多いということで関心が高い人が多いと想定できるからです。ではこの病気はどんな治療をしていくのか、現代医学と東洋医学(鍼灸)と説明していきますね。

現代医学で考える原因とは自己免疫疾患と考えられています。TSHレセプター抗体という甲状腺ホルモンの分泌に似た物質が甲状腺を刺激し続けることで甲状腺ホルモンの過剰に分泌している状態を言います。甲状腺ホルモンは全身の新陳代謝の働きがあるので、過剰に分泌されると動悸・多汗・イライラ・目が突出したように見える・落ち着きがない・疲れやすい・眠れない・不妊になりやすい・手が震える・どんなに食べても太らないなどの症状が出てきます。
治療薬
現代医学で考える治療法は3つあります。1つ目は甲状腺ホルモンを抑制する薬物としてメルカゾールもしくはチウラジールを投与することです。なおメルカゾールは第一手段としてよく使用されます。メルカゾールが効きすぎるケースなどがある時にチウラジールを使用することが多いです。2つ目は抑制する薬物が効果が得られない時に使うアイソトープ療法になります。3つ目は薬物療法・アイソトープ療法共に効果が得られない時に行う手術療法です。薬物療法は白血球減少症や顆粒球減少症・かゆみやじんましんなどの皮膚過敏症などの副作用がありますので注意が必要です。アイソトープ療法は治療後に甲状腺機能低下症になる方が多いので注意が必要です。手術療法は手術後の後遺症などきちんと説明を受け納得された上で受けて下さいね。

【 参照ページ 】
かがやき内科・糖尿病クリニックのバセドウ病のページより

鍼

次、東洋医学(鍼灸)では甲状腺機能亢進症を「癭気病」と考えます。「癭」は頸すじにできるこぶを指し、ちょうど甲状腺が腫れた感じがまさしく「癭」の状態になります。原因として過労が最も多いと考えられています。過労になると気血津液が不足してきますので、内臓(主に肝・脾・腎)の働きに影響が出てきます。それが首(甲状腺)に影響を及ぼすと甲状腺機能亢進症が起こります。

施術方針はまずは甲状腺機能亢進症による症状の改善を目指すことが最重要になります。改善を目指す為には、まず気血津液(水)を増やすために脾胃の働きを調整します。その後、肝臓もしくは腎臓の働きを調整して身体のバランスを整えます(全身調整になります。)施術効果を高めるために前頚部(甲状腺部)に鍼刺激を与えます。これで患部の血行を促進し甲状腺機能亢進した状態を落ち着かせるように促します。

なお鍼灸治療を受ける場合、薬を飲まずに治療を受けた方が良いかを聞かれることがありますが、薬を飲みながらの施術はOKです。症状が改善され、血液検査の数字が良くなってきたら担当の医師が薬を加減して頂けると思いますので大丈夫です。

最後に症例をあげます。詳しくはこちらへ。

【 関連記事 】
・甲状腺機能低下症に関する鍼灸療法。

ご予約・お問い合わせはこちらから

PageTop